「Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test」の感想・レビュー ②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

「Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test」の感想・レビュー ②

TOEIC リーディング教材を実際に使ってみて、その評価を纏めたいと思います。今回取り上げる教材は「Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test」というものです。

スポンサーリンク
Sponsor Link

この教材を使うべき対象者

暫く この教材を活用して TOEIC リーディングの勉強をして参りまして、次第にこの教材を使うべき人の感じが見えてきました。私なりに考えますと以下の特徴を持つ人達が使うべき教材だと思われます。

01. TOEIC リーディングのスコアをアップしたい人 (大前提)

02. 英単語・英熟語の暗記が苦手な人

03. TOEIC Part 5, Part 6, Part 7 の具体的な解答アプローチを理解していない人

04. 英文を読むこと自体が苦手な人

05. TOEIC を最後まで終えることが出来ない人 (= Part 7 を終えれない人)

06. TOEIC リーディングの具体的な勉強方法を確立出来ていない人

・・・はい、こんな感じ。

私は  #01 に該当します。また、自分なりの解答法は持っているとは思いつつも、結果がなかなか出なかったりしますので、#07 の部分も同時に該当するかと。

ちなみに、TOEIC の世界では、一般的にリスニングを勉強している人が多いようですので (理由 :スコアを上げやすいから)、リーディング対策に時間を割いている人はあまりいないのかもしれません。

ですが、TOEIC 600点を目指す人も、700点を目指す人も、800点・900点を目指す人も、(目指すべき) 理想はやっぱり, 「リスニングスコア = リーディングスコア」だと思います。

・・・リスニング 450 点で、リーディング150点の合計600点!って、やっぱりちょっとバランス悪いですもんね (戦略的に考えれば悪くないとは思いますが)。

従いまして、上述のような特徴を持つ方にとっては、この教材は大変有効な術になると思います。

この教材を使用するとどうなる?

さて、先述の悩みを持っている人が この教材を使用すると一体どんな効果を得られることが出来るのでしょうか。

この記事を書きまとめている時点で、私はこの教材を全て熟読し、『3つのポイント (= 「言葉」「テクニック」「スキル」) 』を理解・把握しましたので、上述の悩みが如何にして解決されるかをご紹介したいと思います。

01. TOEIC リーディングのスコアをアップしたい人

⇒ TOEIC リーディングのスコアがアップする (キッパリ)。

02. 英単語・英熟語の暗記が苦手な人

⇒ 英単語と英単語の区別をするスキル、様々な文脈における意味のニュアンスを区別するスキル、広範囲に及ぶ表現を理解するスキルを身に付け、英単語・英熟語の暗記が得意になる。

03. TOEIC Part 5, Part 6, Part 7 の具体的な解答アプローチを理解していない人

⇒ TOEIC Part 5, 6, 7 における構文的なパターンの理解、正確な文法ルールの活用、正解・不正解 選択肢の特定、各設問パターンに対しての解答アプローチを理解することが出来る。

04. 英文を読むこと自体が苦手な人

⇒ TOEIC の学習を通じて、英文読解に親しみを持てるようになる。

05. TOEIC を最後まで終えることが出来ない人 (= Part 7 を終えれない人)

⇒ 限られた時間の中で問題を解き終える為の効果的な時間の使い方を学ぶことが出来、時間内に終えることが出来る。

06. TOEIC リーディングの具体的な勉強方法を確立出来ていない人

⇒ TOEIC を受験する際に最も重要となるポイント (= 日本人学習者の一般的な弱点) に重点を置いた勉強方法を確立することが出来る。

・・・こんな感じです。

これらの「得られる効果」が多いか少ないかは何とも言えませんが、6つも悩みが解決するような教材であれば 良い方ではないですかね。あんまり「あれもこれも実現出来ます」ってのは、ちょっと怪しかったりしますし。

おすすめ使用法

詳細は別途記事に纏めたいと思いますが、 上述の効果を得る為には この教材をどのように使用するのがベストなのでしょうか。

本書にも記載されていますが、基本は「問題をただ単に解く」と言うことではなく、本書に収録されている「言葉・テクニック・スキル」を熟読・内容理解することから始めます。

和訳も収録されていますが、是非是非 英語での解説を使ってみて下さい。その際には必要に応じて辞書を使用しても問題無いと思いますよ。

また、学習したことを忘れないようにノートに取ることも必要になると思います。まぁ、直接書き込んでしまってもいいですしね。

一つの章における内容を完全に理解し 身に付けたと思ったら、次の章に挑戦です。内容を理解した後には演習問題がありますので、それらを全て正解出来るようになるまで繰り返し行います。

尚、勉強時間は個人によってさまざまであると思いますが、1回の勉強では1時間~2時間くらいがいいかと思います。英文で書かれていることも考慮すると、すき間時間を利用してコツコツと、って感じでは難しいです。

全ての章を勉強し、内容理解をした後、サンプルテストを受験します。それまでに身に付けた「言葉・テクニック・スキル」のポイントを最大限駆使し、全問正解するまで繰り返し解くべきです。

ちなみに、私も読んでいて気付いたのですが、単にテキストを1回通して読んだだけでは なかなか理解することは出来ないと思います。

いや、勿論 読んでいるその時は理解をしていますよ。でもですね、やっぱり複数回繰り返し学習しないとなかなか記憶に定着しないのですよ。

「確固たるリーディングスキル」として身に付けるとなると、やっぱり重要な箇所・苦手としている箇所は複数回学習し、辛抱強く取り組むことが必要不可欠だと思います。

さて、次の記事では、本日まとめた「得られる効果」の証明を行うべく、本書の内容をチラッと公開・紹介したいと思います。

「Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test」の感想・レビュー ①

「Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test」の感想・レビュー ② (この記事)

「Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test」の感想・レビュー ③

「Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test」の感想・レビュー ④

「Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test」の内容をもっと知りたいという方は以下のリンクからご確認頂くことが出来ます。また、こちらのリンクからご購入頂きますと 今なら「外資系営業マン Ko 特典」が付いてきます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>