壇蜜にボストン留学経験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

   壇蜜、1万キロ離れたニューヨークと綱引き?

きました。壇蜜(だんみつ)が意外に英語に長けているそうです。イベントで流暢な英語を話したそうで、動画はその時のものです。“Excuse me, please tell me hot place in New York”って言ってますがね・・・。色々と調べてみると、




昭和女子大学で英語科の教員免許も取得されているそうで。
いやいや、実は正真正銘の才女だそうです。
しかも調理師免許も取得していますし、日本舞踊の師範でもあると(!)






・・・壇蜜のTOEICスコアはどれくらいなんでしょうかね。
ちなみに本名は斎藤支靜加 (しずか)というそうです。







ま、私は壇蜜にそんなに興味があるわけでもないんですが、
どうしても、英語を勉強していたり、海外留学している有名人・芸能人
自分の興味・関心の範囲内と言うことで、直ぐに調べたりしちゃいます。





だいたいTOEIC満点とか英検1級をもっている有名人って、
「帰国子女のアナウンサー」とかなので、実はあまり刺激は受けません。

(帰国子女・ハーフの人と同等の努力をしたと思っていないので)






それよりは芸能活動を続けながら、英語を勉強したとかっていう人の方が、
好感をもてますし、何なら変なライバル視みたいのもしちゃいます(笑)




「芸能人に負けてられねー!」って。




まぁ今思いますと、勝ちも負けもありませんので、
アホっぽい考えだったなと感じますが、
刺激を受けて英語学習のモチベーションをキープ出来ていたのは確かですね。






話が壇蜜に戻ってしまうのですが、この人っていわゆる「遅咲き」ですよね。




グラビア界に31歳くらいで参入でここまで売れるって凄いと思います。
ライバルを10代の女の子と考えると余計にそう感じます。
で、同時に、勇気を与えているとも思うんです。





何か新しいことを始めるに当たり、決して遅すぎることは無い。

つまり、何かを始めるに当たり、年齢だとか時期だとかを理由にして
諦めるのではなく、先ずやってみることが必要だと。





そういうことをも感じさせてくれるタレントだと思います。






30歳くらいで周りの大人たちが「グラビアやってみない?」と
オファーしてきたとしても、すんなりと「はい!」
とは ならないと思うんですよね。





多少の抵抗と言うか、世間の目と言いますか、悩みどころがあると思うんです。
その辺のプロセスにおいてどんなことがあったかは存じませんが、
その壁を超えて、努力してここまで成功出来るってのは感動です。







私の周りにも「英語を喋れるようになりたけど、年齢がね・・・」
という人、結構いるんですよ。




先日の記事でもお話ししたような「仕方が無い」論を持ってしまっている人が
圧倒的に多いのですが、全然そんな事ないです。




断言出来ますが、何かにつけて年齢を言い訳にしている人は、
例えその人が20歳だとしても動きません。100%そうです。


年齢が理由ではありません。あなたの性格・考え方・意思が理由です。






60歳でもベンチャー企業を立ち上げる人だっていますし、
70歳にしてNPO法人を起こす人だっています。
彼ら彼女らは確かに凄すぎる世界の人かも知れませんが、それにしても、です。




動機・目的はどうであれ、あなたの行動だけが
あなたの人生を豊かにしてくれることは間違いないと思います。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です