忙しいほど TOEIC(R)の勉強がはかどる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 150

5

G.W.ですので、大量にTOEICを勉強する時間が増えそうなんですが、私の場合、思いのほか はかどりません (-_-)zzz

朝8時に起きて、「時間があるぞ!頑張るぞ!」と気合いは入るんですが、その日を終えてみると、勉強した時間は3時間程度・・・とか。

「丸一日自由!好きなことして良し!」っていう状況にも関わらずです。

で、なんでだろう?って考えてみました結果、答えが見えてきました。



私はただのサラリーマンです。

会社にある程度の時間を拘束されています。



故に平日はTOEICの勉強に割ける時間も決して多くない。



結果的に、10分~30分くらいのすき間時間を確保しないと、

TOEICの勉強をすることが出来ません。




ですので、日常的にすき間時間を見つけることが習慣になっているんですよね。






「これを一つ先に終えれば、その後に5分間を捻出出来る!」とか。






この生活ですが、今に始まったことではなく、社会人になった頃からずっとです。




商社マン時代の2年目 (= 24歳)に、同期から


「Koって、人生 生き急いでいるね!」って言われてますし(笑)


まぁ、「生き急ぐことの是非」は置いておきまして、

とにかく忙しい中, 生活することが日常になってしまっているんです。







そんな生活にどっぷり浸かってしまっているせいか、

いざ「丸一日自由!」ってなると、





「・・・さて、どうしよう」




となってしまうのではないかと。






・・・はぁー、改めて分析すると、何かイヤですね・・・。

完全に仕事人間会社に魂を吸い取られた、みたいな印象です。









でもま、仕方ない。

今現在そういう生活なのですから、これを受け止めなくては。







不本意ではあるものの、気付いたんです。



「自分が忙しい状況であればあるほど、TOEICの勉強もはかどる



・・・間違いないです(笑)





休日の過ごし方の例を挙げましたが、平日の過ごし方でも、

この体質(?)は顕著に表れています。







商社マン時代、私の帰宅時間はだいたい21時頃。




夕食をサラッと済ませ、シャワーを浴びた後に、

近所のカフェベローチェまで赴き、23時まで勉強をしていました。



ベローチェが23時に閉まってしまうので、なるべく時間を捻出したく、

遅くとも22時には家を出るような生活を送っていました。








そういう時って、体力的にも精神的にもホントにキツいんですけど、

23時過ぎに自宅に帰ってくると、充実感でいっぱいなんですよね。



平日を仕事だけの日にしなかった!って。




で、就寝は0時半とか。







一方で、現職ですと、何なら18時半に帰宅することもあります

この時点で前述の時と比べ、2時間半も時間があるんです。

相当余裕をもって勉強出来ますよね?






・・・にも関わらずです。


正直、19時~21時くらいをだら~っと過ごしてしまうことも多々あるんですよ。

で、一日が終わりそうになると急に焦り出す。





「ヤバい!動かなくちゃ!」って。







時間が豊富にあるが故に生まれる隙

これに何度打ち負かされてきたか・・・。




誰しもがこんな体質をもっているわけではないと思いますが、

こういった自分の特異体質を把握している以上、このゴールデンウィークは、

より計画立てて行動をしたいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>