私、◯◯したら、急にリーディングのスコアがアップしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

1

橋に出来た東京スクエアガーデンに行ってきました。オフィスの入居は2013年06月を予定しているそうで、レストラン街だけオープンしていました。

さて、私の大学時代の友人 (リクルート勤務)と話をしている際に、「最近、TOEIC リーディングスコアがアップした」という話題に。その理由を聞いてみますと、




彼女は色々と語っていましたが、結局のところ、


完璧主義を止めたことが理由の模様です。






つまりですね、リーディングで 分からない単語や表現が登場した際に

思考回路が止まってしまう人がいますが、

『分からないことを取り敢えずモヤっとさせて』そのまま突き進み、

文全体で理解しようとした結果だと思うんですよね。






彼女には、私が一度だけTOEICコンサルしたのですが、

見事にスコアアップという結果もついてきました。 






でもまぁ、この考えで正解だと思います。


私はPure Japaneseですが、日本語で話している時に、

例え分からない日本語が登場しても電子辞書を引っ張り出して調べたりはしません。

文章全体で内容を把握しようと努めているので、なんとなーく理解出来るんです。






・・・にも関わらず、





同様の事が英語で起こると、一字一句電子辞書を使って調べる人が多い。

TOEIC Part 7は勿論、Part 5,6 においてもです。





パート 5,6 はですね、解答選択肢は押さえておかなくてはいけませんが、

全然関係ないところはそこまで意識しなくてもいいと思いますよ?






時に英検1級単語チックな語彙も出てきますが、

そこに捕らわれて余計な時間を費やすよりも、

総合的な英語力を伸ばす意味で、パート 7の練習問題を

1問でも多く解いた方が遥かにマシです。






・・・なーんて言っておきながら。








かくゆう私も以前は完璧主義者でした(_ _|||)


不明な単語を全部電子辞書を使って調べていました。

何と言いますか、納得いかなかったんです。









英語を勉強するってそういうものだと思っていたんです。


分からないことを無くすことが近道だと思ったんです。


周りがしないことをすることを努力だと思っていたんです。







・・・でも正しい方法ではったんですよね。


TOEICに限らずですが、英文の早読み技術を磨くならば、

意味不明な単熟語に出会っても推察出来るようでなければ一生身に付きません。






TOEICではもっと顕著にその弊害が出てきます。

不明な単語に引っかかっているようでは、

あっという間に15:01になってしまいますからね。







まぁ、彼女は絵に描いたような完璧主義者と言いますか、

脳は男性脳をもっているような感じの人でして、

この考えに辿り着くには相当苦労したとは思います。







が、彼女の例の通り、TOEICは取り組み方を改善することで、

簡単にスコアをアップさせることが出来る英語の試験です。





これまでリーディングセクションを「完璧に」解いていた人は、

ちょっとそのやり方をアレンジしてみては如何でしょうか?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>