外資系営業マンの悩み。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

TOEIC スコアが550点くらいの方々は、「目指せ600点!」 「その次は700点!」といった目標をお持ちだと思います。

そして、スコア 550点前後の方々は、勉強すればする分だけスコアは上がります。

当然、やり方は正しく、且つそれなりの量をこなさないと駄目ですが。

言ってみれば、一番英語勉強が楽しいレベルだと思います。

スコア 900前後の私が言うと、いやーな感じに聞こえてしまいますが、正直、羨ましいことでもあります。

 

TOEICは、ある程度スコアがいった人、それなりに英語が出来る人にとって、

 

あまり魅力がある試験ではあるとは到底思えないのです。

 

例えば、950点の人が990点を目指す場合、

 

正直、どーーーでも良いような、小さなところまで注意深く対策を練らない限り達成出来ません。

 

そして、その対策の結果として身についた英語力は、日常的に発揮する場をもつこともないのです。

 

中には、『TOEICは、どれくらい英語が出来ないかをはかる試験』なんていう人もいるくらいです。

 

このブログでも公開していますが、

 

私のスコアはここ1年以上、900点前後を右往左往しています。

 

『もうこれ以上やってもあがらないかも・・・』

 

『いったい何のためにやっているんだ・・・?』

 

なーんて思ってしまうことも、正直あります。

 

もはや私にとっては自己満足の世界なんですよね。

 

それに比べて550点前後の方々は、英語を楽しく学ぶことができ、

 

しかも結果としてついてくる、という「学ぶこと」を本質的に楽しめる段階にいると思います。

 

継続して勉強するというのは、モチベーションがいりますね。

 

私も、『990点を絶対取る!』という気持ちだけは忘れないでいたいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>