われわれサラリーマンの TOEIC(R) Reading 対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

Reading Partでスコアアップを実現する為には、基本的に以下の要素が必要だと思います。

① 基礎文法力

② 語彙力

③ 読解力

④ 速読力

⑤ 想像力 (= 単語・言い回しなどから、その問題文がどのような状況にいるかを瞬時に判断出来る力)

⑥ 解答力 (= 引っ掛けに惑わされず解答出来る力、また消去法を駆使して、解答を導き出せる力)

⑦ 持久力 (問 101 ~ 問 200までを、脳みそフル回転した状態で解き続けることが出来る力)

* 「~力」って、私が勝手につけただけです (笑)

結局、Reading Partが200点の人も、300点の人も、400点の人も

490点の人も (満点にあと一歩の意)、上記のいずれかが不足していたと思われます。

以前にも紹介しましたが、スコアアップを実現する為に

最初に必ず行わなければならないことは、「自己分析」です。

つまり、間違った問題の原因を突き止める作業ですね。

文法がよくわからなくて間違えたのか、単語の意味を知らなくて間違えたのか、

そもそも文章内容を理解出来なくて間違えたのか、

 

読み終えるスピードがなくて間違えたのか・・・などです。

これらは、本番では分析出来ませんので、まずはこれら ↓ を8回分解いて下さい。

* 模擬試験 2回分が含まれている公式問題集です。

 

   

 

さすがに8回分の間違えた解答分析を行うと、それなりの傾向が浮き彫りにされます。

その上で、間違えた (= 理解不十分のままTOEICに挑んでしまった) 箇所の

 

理解不足を解消する為に日々学習をするわけですね。

 

私も日々、この方法でReadingのスコアアップを目指しています。

自己分析が終了したら、次なるステップは実際に参考書・問題集・英語教材などを使っての学習です。

このステップには是非時間を掛けて下さい。

つまり、『己に見合ったレベル』の参考書・問題集・英語教材を選ぶ為に時間を割いて頂きたいのです。

 

以下は、私が「参考書・問題集」で学習しようと決めた際に必ず踏むステップです。

Amazonで検索 ⇒ 問題数が多いものを厳選 ⇒ レビューが良いものを厳選 ⇒ 

 

発行年月(が比較的新しいものを厳選 ⇒ 最終候補を3冊に絞る

⇒ 実際に書店で立ち読みし内容確認 ⇒ 総合的な費用対効果を確認 ⇒ 

 

中古・新品で購入するかを決定 ⇒ 購入

これらのステップは意外に時間が掛かります。

特に、私を含めたサラリーマンにとりましては、どうしても1週間くらいは費やさないといけません。

 

* 仕事が終わった後に調べるとか、お昼休みに調べる、とかを繰り返す場合。

 

その際に最も注意したいことは、己のレベルに見合った参考書・問題集を買うことですね。

 

まぁ、殆どには「600点を目指す!」とか 「750点!」とか具体的なスコアがあるのでそれに従えば間違いないと思います。

 

 

いよいよ Readingの教材が決まったところで、一気に2回分を解いちゃいましょう。

 

これは、Listening Partよりも Reading Partに有効です。

 

とにかく、短期間で、素早く、多くの問題を解く。コレです。

 

例えば、参考書内に 「トレーニング」と銘打って、取り敢えず10問あったとします。

 

その10問を解いて、その後、答え合わせするという作業を1日の学習とする。

 

もしくは2日に分けて学習 (1日目:解く。2日目:解答確認)したとしましても効果出ません。

 

そういうもんじゃないんですよ。

 

Part 5も、Part 6も、Part 7も、全部に共通して言えます。

 

日ごろから一気に解きまくっちゃって下さい。

 

中には、「精読」が必要なレベルの方もいらっしゃるとは思いますが、

 

レベルが低かろうが高かろうが、受験する試験は

 

「限られた時間の中で解答を導かないとスコアアップを実現することが出来ないTOEIC」なんです。

 

TOEIC / Reading Part の試験構成・内容を正確に把握した上で、適切な対策を練ることが必要です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>