TOEIC(R)の裏技 第2弾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

TOEICの裏技を公開します。







つまり、正解を選ぶに当たり、考えずとも答えを導ける方法です。







と言いましても、大したものではないですがね・・・。







えーっと、Listening Partにおいてです。







Part 1もPart 2もPart 3は微妙かも、Part 4もまあまあ活かせます。







で、どんなものかと言いますと、







「ナレーションで聞こえた単語、若しくは熟語と同じような単語、若しくは熟語が、
特別な言い換えもなく、選択肢の中にそのままあった場合、
その選択肢は間違えを誘導したもの」というものです。







ま、いわゆる「ひっかけ」です。







試験作成者は、昔も今もひっかけ大好きなんですよね。







小学校のテストの頃からありますし。







そんな昔ながらひっかけ選択肢が、







TOEICには結構な確率で使われております。







10回以上受験されている方にはご理解頂けると思いますが、







ナレーションと同じような単語が選択肢にある時点で、







4択問題から、3択問題になったと思えるくらいですよ。







但し、注意しなくてはいけないことは、







あくまでも、ナレーションで聞こえた単語、若しくは熟語と







「同じような」単語であるという点です。







つまり、一瞬同じような単語に聞こえたりするんですが、







実際には全く関係ない単語が記載されているだけってことです。







ですから、究極的にはナレーションで聞こえた単語と、







選択肢の単語の違いを明確に理解しなくてはならないのです。







ということで、短期間にこういう日本人が苦手にしている英語の悩みを解消する方法ですが、







コレ↓が良さそうです。







どんな会話にもついていける究極の英語スピーキング上達法(特許申請中)







英語脳を作ってしまい、自分が発音することが出来れば聴き取りすることもできるということです。







見て頂ければ分かりますが、無料お試しを利用することが出来ます。







更に、250日間で結果が出なかった場合、商品金額が全額返金となります。





是非是非、効果的でハイリターンが見込まれる優良商品に投資をしてみて下さい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>