TOEIC(R) 900点を取る為のパート 7 の解き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

4

語学習ブログランキングでも念願の1位を取れました。改めましてありがとうございました。

さてさて、第180回のTOEICが終わっても引き続きTOEICの模擬試験を解いているKoでありますが、一つ、お薦めしたいパート 7 の解き方をご紹介したいと思います。



とは言いましたものの、いわゆるTOEIC用のテクニッです。







総合的な英語力を身に付ける為には向いていませんので、

絶対にお薦めはしたいと思いません。







が、実際に私がTOEIC Part 7 を解く際には 

このコツと言いますか、こういう風な解き方をしているんですよ。






まぁ SP (= Single Passage)でも DP (= Double Passage)でも

どちらにでも適用出来るんですが、どちらかと言うと後者向きですかね。









で、それは一体どういうことかと言うとですね、





問題文を読みながら設問・選択肢を妄想する


というテクニックです。







・・・これはテクニックなんでしょうか(笑)


自分でもよく分かりませんが、最近では自然とこういうことをしているんです。







では、具体的にどういったことかをご説明差し上げます。


例えば、Part 7 の素材で「求人に対するメール」がありますよね。



「貴社のHPにて募集していた xxx のポジションに応募したいんです」


のような。








第180回でも 色んな働く場所がある公園で働きたい人 

(夏休みしか働けないけど)の問題があったと思います。


(マイナーだけでしょうか)





そういった類の問題を読み進めていった際に、

以下の様なフレーズがあるとしましょう。








“I took a summer job in the marketing department of one of your competitors.”







この文章をただただ読んで、内容を理解するのは極々普通だと思うのですが、


理解するのと同時に、“What can be inferred from the message?” や、


”What is indicated about Mr. xxx (応募者)?” とか、NOT 問題


出題されるんじゃないかってのを頭の中で妄想するんです。








(ちなみに、最近の私は 問題文全読み ⇒ 設問読み ⇒ 選択肢読み の順番です)









毎回 TOEICを受験しているような人でしたら、問題文の中のどの箇所が
設問として問われるのかって、不思議なことにだんだんと分かってきます。

また、「ここは引っ掛けとして出題されるな!」 とかってのも同じくです。









ですので、上述の例で言えば、




(A) Mr. xxx has visited ABC company (= 応募先企業の competitor). 



とか、



(B) Mr. xxx is familiar with the investigation 

  (= marketing のパラフレーズ)




とか、

(Not 問題と仮定して) 


(C) Mr. xxx was used to be in charge of marketing last month 


(メールの日付が2月なので、内容的には×。なので正答) 



みたいなことを文章を読みながら妄想するんです。










・・・うーむ、やはり テクニックですね(笑)




改めて文章にすると何とも分かり辛い方法ではありますが、
とにかく Part 7 でよく言われることは、







「答えは必ず問題文の中にある」







です。





逆に考えると、問題文の中にないことは、100%設問に出ません。

(infer / suggest 問題はありますがね)







ちなみに、この解き方、と言うか読み方は 特に「数字」や
「地名」などが出て来た時には大変役立ちます!






Where will Mr. xxx be on November 20?”


とかって設問があると、あなたはどういったアプローチで正答を導き出しますか?




ひょっとして、“November” とか “20” って書いてある箇所を
スキャニングする感じで 再度見返したりしていませんか?





それって時間の無駄。


それじゃあちょっとまずいです。


Part 7 を時間内で解き終えるには致命的です。






ですので、読み上げている最中に、


「Mr. xxx は11月20日には Sydneyにいて、tomorrow にPerth に行くんだな」


とかって感じで、問題文を意識して読み上げちゃえば楽なんです。







楽だし、結果 900点を取得する近道にもなると思います。
是非一度試してみて下さいな。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>