「あまちゃん」の「じぇじぇじぇ」を英語で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

4

まちゃんで話題の「じぇじぇじぇ」と言う言葉。「2013年の流行語大賞を本気で狙っている」ということを聞いて初めてこの言葉を知った私です (遅い)。

岩手県の北三陸地方に伝わる方言で、「えっ!」とかの感嘆を表す意味のようですね。

・・・ただ、私は一度もあまちゃんを観たことがないので、どういう感じで発音するのかがよく分かりません・・・。

この「じぇじぇじぇ」って、敢えて英語で言うならば、


”Holy cow!” ってとこなのでしょうか・・・。






こういった英語の表現の使い分けって難しいです。


日本人でこういう表現を使う人がたまーに いますけど、

ちょっと無理してる感が満載な人が多いですもんね。









「私はこんな英語も知っています。凄いでしょう(フフン)」








と言うことを暗にほのめかしているようで, 痛々しいというのが正直なところ。







ま、それまで英語を話せなかった人にとっては、一つでも新しい単語や

フレーズを学んだとしたら、それをアウトプットしたいって感じるのは

至極当然ではあるんですけどね。












何を隠そう、私自身もこんなヤツでした(笑)











まー、英語の意味だけではないんですけどね。


今でもその名残はふんだんにあるとは思いますが、


私の二十歳くらいの頃と言えば、「超カッコつけ野郎」でした(笑)










もうね、見た目のカッコつけは当然ですし、話し方とか立ち振る舞いとかも。


カッコ悪いところは絶対に人には見せない。


常に周りの男子を意識し、「周りよりもオレの方が上だ!」くらいの勢いで


日常を生活していたんです。









こういった感じは商社マンになってからも続いていたんですけどね、

次第に自分がカッコよくないということを認識させられ、

自然とカッコつけなくなるようになりました(笑)












何と表現したらいいかアレですけど、






カッコつけてる人ってカッコ悪いですよね。














やっぱ先述した「見た目」とか、「英語の単語を知ってるぜ!」などの上っ面ではなくて、


「中身」や「本質」が伴っている人って、無理やりカッコつけてませんもん。







・・・20代後半になって ようやく気付いたことですが・・・(泣)









考えてみると、やっぱり理にかなっているんです。


その人自身の中身が確りと出来上がっているので、その時点で、

周りの人がその人を評価してくれる。人気が出る。


ですので、見た目だとか上っ面でカッコつける必要が無い。


自分の存在を周囲に誇示する必要性が無いんです。









で、結果的にそのこと自体がハタから見れば カッコよく見える 


(= 「余裕があるように見える」とも言えますかね)。











逆に、中身が確りとしていない人(特に男性)は、周りにどう認識されているか、


評価されているかが気になってしまうので、表面的な要素で何とかカバーするようにする



でも中身が無いので、化けの皮があっさりと剝されてしまう・・・・と。










これは渋谷とかを歩いている10代の立ち振る舞いで裏付けが出来ると思います。


(社会人にしてみれば) 10代なんてのは中身が伴っていなくて当然ではあるのですが、

それを必死に隠そうとしていますよね。












なんでこんな話をするのかと申し上げますと、


TOEICも上っ面の英語スキルにしかならないリスクがあることをお伝えしたいからなんです。










残念ながら、「TOEICスコア = その人の英語力」の方程式が


社会信用的に崩れてきてしまっている現代です。









TOEICスコアに見合った英語力をお持ちの方も大勢いらっしゃると思いますが、


TOEIC 900点でも 英語を殆ど話せない人も大勢いらっしゃいます。







私はTOEIC 900点の重要性を一貫して叫んでおりますが、それは小手先のテクニックで

取得する900点ではなく、中身が伴った上でのTOEIC 900点であります。







・・・ま、これを話しだすと止まらななってしまいますし、

以前からもブログで発信し続けていますので、今日はこのくらいで。










つまんないことを話してしまったような気もしますが、


あなたにはカッコつけて英語力を誇示しなくてもいいようになって頂きたいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>