私のつまらない趣味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

2

のお店に行ってきました。 ↓

⇒ http://goo.gl/CqwTd

商船三井の人との会食です。・・・ですが、1人 7,000円もしました!

高いっ! 私くらいの人間には、1回の会食で7,000円はキツイっ!

えっ!? ケチくさいこと言うなって?いやいやいや・・・、言わせて下さいよ・・・。

こんなケチで貧乏な私ですが、こんな性格を活かしたちょっとした趣味を持っていたりします。

それはマイルを貯めること。


社会人になってから 今日までJAL Card Suicaを使用しています。








数あるクレジットカードの中で、何故このカード?って話ですけど、


まぁ、簡単に言ってしまえば、コンビニでおにぎりを買ってもマイルが貯まるからです。







果たしてコレが趣味なのか?って言う議論はさておき(笑)、


日本航空の飛行機に乗る時、更にはSUICAに入金をした時にもマイルが貯まるんです。







で、そのマイルを定期的に使うと。



う~ん、やっぱり私って考え方がセコイのでしょうか(笑)







で、こういったマイルの使い道って色々ありますよね。


私の場合は二年に一度くらいのタイミングで、 


このマイルを使って海外旅行へ行くようにしています。


(JALPAKです)






2012年はグアム、2010年は香港、2008年はラスベガスですか。


1年間くらいではなかなか貯まりませんので、


2年に1回くらいのペースということになります。







元々は、商社マン時代に毎日電車を使っていまして、


その電車賃を上手く使えないかなと考えたのがきっかけでした。 





電車賃と言いつつも、会社の経費で落としますので、


私は一切身銭を切っておりませんけど・・・。 






何とも釈然としない聞こえではありますが・・・、でも



こういった感じで日々の生活にちょっとした楽しみを加えることは大好きですし、


非常に大事だとすら思います。






社会人になってから毎日英語を勉強してきましたが、


その中で、「海外で英語を使ってバリバリ仕事をしている様子」


とかを想像しながら、モチベーションを高めていくわけですよ。







こういった具体的なイメージがないと、正直勉強なんて続きませんからね(笑)







そうなると、もはや「マイルを貯めること」ってのは、


英語の勉強を後押ししてくれる要素になるんです。








・・・で、気付いたら買い物は何でもクレジットカードです(笑)


マイルを貯め、英語を勉強し、仕事で海外に行き、更にマイルを貯め、


最終的に「プライベートで海外旅行をする!」という形が出来上がるんです。







上手い具合にベクトルを合わすことが出来れば、継続することなんて簡単ですからね。







こんなことを人様に話すと、


『どうやって そのクレジットカード選んだの?』と聞かれますが、


巷に溢れている『クレジットカード比較サイト』みたいのは参考にしていません。




 

 

 

あれってね、見れば見るほど悩むんですよ(笑)






だからもう、私の場合は自分で選んだキーワードだけで決めました。


『マイル』『Suica』『無料』これだけです。







従いまして、色々と調べれば もっと自分に見合った


クレジットカードがあったのかもしれませんが、


初の目的がブレてしまいそうな気がしたので敢えて情報取りをしませんでしたね。






結果的に、海外やら国内やら様々な場所へ出掛けまして


マイルがどんどん貯まりましたので万々歳です。






ちなみに「悩まなかった」みたいなことを言っておいて、


ギリギリまで悩んだのはこれです。






⇒ http://goo.gl/2rKSd






私はJALを選びましたが、商社マン時代はANA派の人が方がmajorityでした。


現在の外資系では断然JAL派が多いんですけどね。






ま、どちらも 100円 = 1 マイルですから、結局変わりませんが、


今でも時々ANAを使う機会が多いので、こっちも持っておこうかなと思っております!





⇒ http://goo.gl/2rKSd





こういうのはキャンペーン中に入るのが定石ですからね!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>