転職活動の面接で私が聞かれたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

3

昨日の記事で書いたLawry’s のローストビーフ。いやまぁ、美味しかったですよ?

そりゃあ 美味しかったですけど、こんなアホみたいな若造捕まえて、7,000円もするところに・・・ブツブツ。

さてさて、私の愚痴はどうでもいいとして、先日のこの記事に対しまして、色々なメールを頂戴しました。

「Koさん、一体どんな話をしたんですか?」

「英語能力に関する質問は分かりましたけど、その他のことも公開して下さい」

「英語での自己アピールを記事にして下さい」

・・・などなど。と言うことで、もうちょっと深いところをどどんと公開したいと思います。

【関連記事】転職エージェントに登録した後、情報はこうやって使われる


まずですね、話したことはこんな感じです ↓

順番はだいたい時系列になっています。

01. 自己紹介

02. 転職理由

03. 商社から現職への転職理由

04. 取扱製品に対するイメージ

05. 一, 二年目の頃、叱られたこと

06. 何故、英語、金融、ITを?

07. プラントで現地に行ったことは?

08. 英国での三ヶ月の滞在は大丈夫か

09. 英語はどこで学んだか

10. 即戦力になる理由を英語で

11. 希望年俸

12. 入社可能日

13. アピールポイントを一言で

14. 酒タバコは?

尚、転職エージェントを活用して、転職活動を行ったことがある方はご存じだと思われますが、企業と面接をする毎に、「どんな話をしたか?」というのを転職エージェントにフィードバックしないといけません。

ま、別に義務って訳ではないのでしょうが、転職エージェントの立場から言うと、その日以降に、同じ企業と面接する候補者に少しでも多くの情報を提供したいからです。転職エージェントとしては、私が内定を得ようが 関係ないですからね。

私の面接での話を、翌日以降に面接する人に供与して その人が採用されたとしても、年収の50%くらいが報酬として手に入る訳ですから。

* 1,000 万円だったら、500万円のように。但し、エージェントにより異なる。

で、私も上述の項目を転職エージェントにフィードバックしました。

すると、思わぬ反応が。

「Koさん、こんなに一杯内容を憶えているんですか!? 記憶力抜群ですねー!通常ですと、2,3 くらいしかフィードバック頂けないんですが」

何だか TOEICの解答速報の時と同じような反応でした(笑)

記憶力だけは人よりちょっとだけ良いようです。

次に、「英語でのアピール」です。上記リストで言う #10 ですかね。

これはですねぇ、あんまり細かく申し上げると マズイので断片的に。

聞かれた内容は、「ここの企業で取り扱う製品を、海外営業というポジションで、英国で拡販するに当たり、あなたは何故自分が即戦力になり得るか?」って感じだったんです。

で、その後、「無茶ブリなので、2,3分考えて頂いて構わないですよ」と言われ、30秒くらい考え、「よし、こんな組み立てで話そう」と決めまして、その内容が確かこんな感じだったかと思います。

“The reason why I could be committed to this Overseas Sales position in U.K. is that my past experienses in the Trading House and the current foreign company would be utilized.” “As I mentioned, I have the experience to import products and of tripartite business. In terms of this, I am familiar with communication with foreign companies, and I know how to approach to foreign companies.” As you may know better than me, it will not work well in foreign countries even if I strongly insist to sell and promote products and services in Japanese way. The first we need to consider is, to understand its business culture, religion, morals and so on. The ultimate purpose and responsibility of Sales representative is to get orders. Even if it looks like pointless, we Sales representative need to start from such a mutual understanding. Secondly, I have the sales experience against Distributors and Agents in overseas. They really play an important role in business, thus, we almost always need to keep them under our control…..”

最後の方はどうやって纏めたか忘れちゃいましたね・・・。いずれにせよ英検1級の二次試験のような感じで、Introcution ⇒ Body ⇒ Conclusion の順番で話しました。

当初 聞かれた内容から絶対に逸脱しないようにね。

当然ですが、英文法なんて気にしません。

前置詞とかも気にしませんで話しました。

どちらかと言うと、発音とか、伝えたい内容を伝える能力とか、そういったことが求められていますので。(安河内さんみたい)

敢えてTOEICっぽいところで言いますと、単語はちょこっと気を使いましたかね。

“we need to understand.”とシンプルに言えてしまいそうな箇所を、”Mutual understanding with distributors will be required for success of business.”みたいな感じでちょっと堅い感じのTOEIC表現を(笑)

まだまだ上記リストに関してお話し出来ることはあるのですが、本日はここまで。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>