静かな方が勉強しやすいか、賑やかな方が勉強しやすいか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

2

耳栓が出てきました。

普段、私はカフェで勉強することが多いので、周りの雑音は基本ウェルカムです。しかし、時に そんな雑音を書き消さなくてはならないことも。(TOEIC Reading sectionを2セット連続で解く時とか)

そんな時はこれを使用します。ちなみに この耳栓、どこかのお店で販売しているヤツでは御座いません。

これは、私が商社マン時代に頂いたもの。

頂いた場所は石油精製プラントです。

「? どういう意味?」ってな感じですが、石油精製プラントのみならず、何かしらの巨大な工場に行ったことは分かるかも知れませんね。

ああいうところって言うのはですね、大変うるさいんですよ。

そもそも精製のプロセスって色々な機械や装置が稼働しているので、プラント内は常に機械音や原料が流動している音でいっぱい。

ですので、プラントの敷地内に出向く際には 耳栓が支給されるんです。

ちなみに、耳栓と同時にヘルメット、専用の靴、専用のつなぎ、最後に防護メガネも支給されます。

これら一式をまとった上で、初めてプラント内に足を踏み込む許可がおりるんです (厳しい!)。

ちなみに、日本のプラントは安全対策に関してはきっちりしていますが、海外は意外とそうでもないのが実情。

スーツ姿でどんどん入って言ったこともあります(笑)

で、プラントから出た後に、一度使用した耳栓ってのは通常捨てられるのですが、私は、「コレ、持って帰ってもいいですか?」と尋ねて、OKを頂いたので持ち帰ったと言うことです。

それまではあんまり 日々の英語学習に耳栓を活用するという発想自体無かったのですが、これを機に徐々に使用するようになりました。

・・・で、前置きが長くなってしまいましたが、あなたは「静かな環境」と「賑やかな環境」では、どちらが勉強し易いですか?

私は断然後者。

多少の雑音があるからこそ、有る程度の集中力を継続的に発揮出来るんです。

一方で、静かな環境での勉強経験が無いか?と聞かれたら、当然あります。

中学校1年生~高校3年生の頃は、勉強すると言ったら図書館でした。

大学1年生の頃も、大学内の図書館を使用していましたので、静かな環境での勉強歴は7年弱と言ったところでしょうか。

全然勉強出来るんですけどね。静かな場所でも。

ただ、適度な飲食が出来なかったり、必要以上に静かにしなきゃいけなかったりと、最終的にはカフェへシフトするようになりました。

持論ですが、英語の勉強に集中して、ものすごくはかどる時ってありますよね?

もう何をやっても止まらない状態。

永遠に勉強出来るんじゃないか?って思う瞬間。

最中はそう思うのですが、実際にこういった “Learner’s High”みたいなのって、せいぜい2時間が限界だと思うのです。で、その後は一気に熱が冷める。

一見、こういったことは好ましくも思えるのですが、それよりは、カフェで4時間 (カフェ側からしたら迷惑) を万遍無く集中しながら勉強する、という方がいいような気がするのですよ。

雑音のあるカフェで勉強すると、たまには「うるさいなー」と思うこともあるでしょうが、それらを断ち切って集中するぞ!というモチベーションにもなりますからね。

これが図書館だと、周りが静かで勉強出来る環境は既に整っているので、学習に対するモチベーションを上げられるのは自分しかいません。

が、人ごみで勉強をすると、そのモチベーションを人から貰うことも出来ちゃうんです。

・・・あくまでも私の偏屈な持論ではありますが(笑)

いずれにせよ、一度きりの人生。時間は限られています。

自分に与えられた時間を俯瞰しつつ、集中して英語の勉強をしたいですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>