TOEIC(R) 900点に向けたパート5対策 スマホアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

たなスマホアプリをご紹介致します。ご存じの方も多いとは思いますが、昨今のTOEIC学習アプリで継続して売上No.1を誇るアプリです。

先に結論を申し上げてしまいますと、このアプリを使ってみた感想は、

「大変良い」です。

このアプリを継続して勉強して得られる効果は、

「(Part 5 問題の)速読力」「単語力」

「(Part 5 問題の)解答力」「文法力」

と言ったとこでしょうかね。

但し、あくまでも「価格」と「目的」、更には「スマホアプリであること」を総合的に加味した上での感想です。

一言でアプリの内容をご紹介するとなりますと、『目標スコア別にパート 5 の問題が160問収録されているアプリ』と言ったところでしょうか。

ちなみに、パート 5対策としましては、以前にこちらのアプリをご紹介しましたね。

その「難易度」と致しましては、これよりも難しめに設定されています。

(というかこちらの問題がちょっと簡単過ぎる)

さてさて、では「良いと感じた点」と「悪いと感じた点」をご紹介致します。

良いと感じた点】

・ 制限時間を自分で設定出来る点。

1問当たりの解答時間を、『時間制限なし』から『120秒』まで設定することが可能です。言わずもがなですが、TOEIC900点を取得する為には、パート5をなるべく早く片付けて、その分パート 7に費やす必要があります。つまり、パート 5 を早く解くことは・・・割愛します。

尚、解答時間は『5秒』から『55秒』までは5秒単位で設定可能。一方で、『60秒』以降は10秒単位で設定可能となっております。

ちなみに、私は最初に20秒で設定し、その後、15秒、10秒と次第に少なくして学習を継続しています。

このままいきますと、次は5秒しかありませんが、これはかなり難しいかと。 但し、反射的に解答を見抜くスキルは持っていても悪いことはないと思いますので、最終的には「パート 5 を5秒で全て解き切るスキル」を身に付けたいと思います。

・ 解答を設問毎、若しくは纏めて最後に確認するかを設定出来る点。

このアプリでは1セットを10問としておりますが、解答をどのタイミングで確認するかを決めることが出来ます。本来であれば『10問解く』⇨『10問答え合わせをする』が推奨されるべきですが、1問ずつ解答を確認するメリットも当然ありますよね。

それは何かと言いますと、『解答根拠を確りと記憶した上で答え合わせが出来る点』です。

どういうことかと説明差し上げますと、10問くらいならまだしも、40問ぶっ続けで解いて、40問を一気に答え合わせするとなると、あれ?なんで私はこの選択肢を選んだんだろう?』と言った様に、解答に至るまでの思考プロセスが忘れ去られる可能性が非常に高いのです。

しかし、パート5に限らず、TOEICの900点を実現するには 自身の解答根拠の認識作業は必要不可欠となります。その点で言うと、『1問毎に解答の確認をする』という作業は大変理にかなった学習法であると言えます。

【悪いと思った機能】

・・・まぁ特にありません(笑)

強いて言えば、「TOEICで、この単語レベルが正答となる問題が出る?」と言う様な単語も出題されます。それくらいですかね。

問題の作成者の方は、あんまりTOEICを受験されていないのかな?と思わせるような問題もありました。まぁ、役に立つから全然良いんですけどね。

ちなみにこのアプリには、一度間違えた問題を集めて復習出来る機能、問題をランダムに出題させる機能などもありますが さほど画期的とは感じませんでした。

更に、前述で「目標スコア別」と申し上げましたが、それらは470点対策、600点対策、730点対策、860点対策となっております。で、私が使用しているのは860点対策です。

860点と言いながら、問題レベルはそこそこ高い内容に仕上がっていますので充分かと。

と言うことで、価格も安いですし、すき間時間もフルに使える学習法だと思いますので、もしもパート 5 の勉強をされたいという方は一度購入されては如何でしょうか。

⇒ TOEICテスト文法640問

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>