TOEIC(R) 公開テスト 第170回 05月27日 〆切迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 130

TOEIC 第170回 05月27日 (日)の申込は、04月16日 (月) 締切です。

皆様、申込は済まされましたでしょうか?(*^m^*) ムフッ

来週の月曜日ですからね。



ギリギリでいいや、って思っていますと、思いのほか、時間はあっという間に過ぎてしまいますのでご注意下さい p(`・ω・´)q

かつて、「早めに申し込んだら、自分の希望する会場の前の方の席に座れる」

とかそんな噂がありましたが、実際あんまり関係ないみたいですね Σ(´Д`lll)

ただ、ちょっと前 (2011年夏ごろまで?)は、自分の希望するエリア以外での受験なんてザラにありましたが、最近は本当に希望通りになっています。

まぁまぁ、そんなことはおいておきまして、第169回の結果は既にネット上で公開されましたので、スコアがアップした人も、ダウンした人も (私 il||li(つд-。)il||li )、

次回のTOEICに向けて今から勉強を始めましょう!ヾ( ゚∀゚)ノ゙

やっぱり、TOEICで今よりもいいスコアをとって、

対外的に「自分は英語がこれだけ出来ます!」って早く示したいですもんね ヽ(・∀・*)ノキャッキャ

スコアアップした時のあの喜びはたまりませんもんね ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ 

私はずーっと、英検1級合格に時間をかけておりましたので、スコアアップっていう概念はなかったのですが、TOEICは自分が努力した分、スコアに反映されるので、スコアアップした時には その努力が実った時間が半端ないですからね-。



それと、最近はマイナーフォームばかり当たってしまうので、次こそはメジャーフォームに当たって欲しいものですね。

第169回の結果からしましても、私の当面の課題は Reading Sectionであります。

が、モチベーションをキープしつつ、TOEICを楽しみながら学習するに当たって、私は必ず、自分が得意な Listening Sectionから手をつけます。



え? 言っていることとやっていることが矛盾しているって? (´・д・`)は?



ですから、「TOEIC勉強を満喫する為」に、Listening をやるんですよ!

いやいやながら苦手なReading Sectionを頭に叩き込み始めるのではなく、得意なListeningを正解連発して、いい気分になった後に、課題であるReadingを勉強し始めるんです。

ということで、今回新たに購入する参考書は 「TOEIC公式プラクティス リスニング」にしました。

オシャレなカフェのゆったり座れるソファ席で、朝早くコーヒーを飲みながら、この本を開きたいと思います!

朝のドリップコーヒーが脳に染みるんですよね~ (´・ω・`)_且~~



だが!しかし!BUT!HOWEVER!

私、今月仕事が忙しくなりそうなんです・・・(´・ω・`)ショボーン

GW前に色々と前倒しで終わらせておかないといけない事がね・・・(;´ρ`) グッタリ

時間が取れるとしましたら、朝 (20分)、昼 (20分)、夜 (30分)くらいです。

ということで、すき間時間を上手く活用出来る様な教材を、知り合いの英語教師 (某有名高校勤務)に聞いてみました。

直接TOEICの学習にはなりませんが、なかなか面白い回答が返ってきました。

⇒ QQeigo

「忙しい社会人」の為の、「150時間以上のオンライン学習」をすることができ、「価格をリーズナブル」に設定した、海外にも実績のある英語学習プログラムです。

英会話スクールに通って、TOEIC向け学習したら 200,000円くらいしましたから、この価格にはびっくりです。

まぁ、全部が全部優れているとは思えませんので、使えるところだけ吸収して、後はTOEIC中心の勉強に入ります。

⇒ QQeigo

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>