えっ!? Expedia知らないんですか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

読売新聞にTOEICに関する記事が掲載されていました。

⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000417-yom-soci (現在は閲覧不可)

うーん、興味深いですね。前年度比30%アップですから、英検もうかうかしていられませんね・・・。



企業の国際化と学生の就職難、そして少子化問題。







英語に対するrequirementは納得出来ますが、







英検の志願者数とほぼ同等って凄いですよね。






 
読売新聞





その割には「海外駐在志望者」って最近少ないんですよね。

日本で安定的に過ごしたいということでしょうか (´Д`υ)

それでも、現役の社会人の方々は焦りますよねヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

英語力をもった新入社員がどんどん入社してくる訳ですから・・・うっ。。。( ̄x ̄;)

普通に英語を流暢に喋られてしまいましたら、

ある程度TOEICや英会話を頑張っていたとしても、

社内的にはそっちの方がインパクト強いですからね Σ(゚Д゚)ガーン

とにかく、今現在 TOEICスコアが550点~600点前後の方々は、

そんな邪魔な新入社員が入ってくる前に、

一刻も早くTOEIC900点を取ってしまいましょう!(゚Д゚ )ノ

ということで、Listening Sectionのスコアアップ方法です。

Part 1もPart 2にもPart 3にもPart 4にも言えることですが、

「英文法力」って100%必要なんですよね

様々な説明文が放送されますが、一つ一つのフレーズを理解出来るのは、

皆様が既に基礎英文法を勉強しているからな訳です。

しかし、中には難易度が高い文法もあるわけでして、

例) “Provided ~” など (= if の意味。 TOEICでは頻出です)

こういった類の設問が出ると、

「えーっと、動詞が前にきて、名詞は倒置されるから・・・」

などと、もはや自然に英語を英語として聴き取ることが出来なくなることもあるのです。

このような状態ではTOEICにおいて900点を取ることは絶対出来ません。

難易度が高い文法以外におきましても、

「英語を英語のまま聴き取り、理解する」

という風な、ネイティブの英語耳にする必要があるのです。

「無理だよ・・・ (゜´Д`゜)」

「壁は高い・・・(*´Д`)=3ハァ・・・」

などと諦めないで下さい。

この辺で諦めるTOEIC受験者、英語勉強者はいーっぱいいます。

でも、あなたは諦めないで下さい。

ぜーったい英語耳になれますから。

私ですら、留学中は英語で夢を見たくらいで、

次第に「英語耳」が完成されていきましたから。

それで、その方法ですが、

「コレ」に書かれています。

⇒ 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

あの日本人ハリウッドスター達が Listening能力を鍛える為に使ったプログラムです。

早ければ使用後10日間でその効果に気づけるはずです。

たーだーし、これも「あなたの努力」あってからです。

「TOEIC 勉強を挫折してきた人たち」と差をつける為に是非トライしてみましょう!ワァ(n’∀’)η゚*。:*!

⇒ 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

それと、来週の「テレビ東京 未来世紀ジパング」にて 「コレ」が特集されます。

私もアメリカ留学中に使いまくった激安のオンラインチケット屋さんです。

G.W.にまだどこへ行くか決めかねている人は是非どうぞ (゚Д゚)ホォー

⇒ 業界最安値!エクスペディアの最低価格保証について【他社より1円でも高ければ差額+1,000円返金します】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>