インドネシア人は地図を読めない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

インドネシアのレンタカー

3日連続でインドネシア出張の話です。

もう飽きている人もいるかもしれませんが、最後にちょっと信じられない話を皆様と共有しようかなと。

いやね、私も今でも信じられないんですが、

今回レンタカーとドライバーを3日間借りたんですが、

そのドライバーが地図を理解出来ない人だったんですよ!

 

 

今回、私が訪問する企業は全てが初めての会社でした。

ですので、私の手元に有る情報としましては、

 

①住所 ②工業団地内の地図

 

これだけです。

 

日本人の普通の感覚からしますと、上記①②さえあれば、

どんなところでも辿り着けると考えてしまいますよね?

  

・・・インドネシアは違いました。

 

先ず住所だけではさっぱりドライバーは理解してくれません。

当然、その工業団地に辿り着くことは出来ます。

が、その先がさっぱり(笑)

 

 

 

確かに、一つの工業団地には数多くの企業が入居していますので、

決して簡単に見つかるとは思いません。

 

 

ですが、住所にはブロック名も記載されていますし、

なんなら地図だってある訳です。

 

 

加えて、ドライバーは勿論インドネシア人ですので、

多少の地理にも明るいであろう!

 

 

 

 

・・・と思っていた私がバカでした (泣)

 

 

 

先ず最初に吃驚したのが、地図を渡した瞬間、

その地図をサッと横に傾けたんですよ。

 

 

その瞬間私は、

 

「あっ、この人、空間感覚が無いな・・・」

 

と感じました。

 

 

 

まぁそれでも大丈夫だろう、と思って

車の後部座席でゆっくりしていましたが、

訪問先に一向に到着する気配がありません。

 

 

打合せ時間の30分前に工業団地内に到着したにも関わらず、

20分は団地内を彷徨っています。

 

 

 

(Ko) “Hey, are you OK?”

 

(運転手) “Yeah, OK, OK.”

 

 

 

まぁ、大丈夫って言うならばいいけど・・・。

と、最初の頃は思っていましたが、結果的に、

この人は地図を読めない人だったんです。

 

 

 

あんまりここでは書きませんが、結構、

怒鳴りつけたりもしてしまいました。

 

しかしながら、後から日本人の方々に聞くと、

 

「あー、Koさんね。それは仕方ありませんよ。

 教育水準も決してまだ高くないし、そういうもんだって

 割り切ってコミュニケーションを取らないと、いつまでたっても

 事は前に進みませんから」

 

 

・・・またまたカルチャーショックです。

 

「何故住所を分かり切っているのに辿り着けない !! ??」

 

と極々自然に怒鳴りつけてしまいましたが、愚行だったってことです。

完全に私の押し付けだったってことであります。

 

 

 

 

このことを悟ってからは、私自らナビをするようになりました(笑)

最初は「なんで私が?」と思ったんですけどね。

でもまぁ、訪問時間に遅れるのも嫌だから、自分で調べてガイドしました。

 

 

 

で、そんなドライバーが最初の写真に写っている人です。

英語もそんなに話せないんですが、まぁ私の怒号に耐えながらも

よく3日間運転してくれました。

 

空港で別れる際には、何だかさびしい気持ちもありましたしね(笑)

 

 

 やはり異文化コミュニケーションをする際には、

「自国の感覚の押しつけはしてはいけない」と言うことを

改めて理解させられた瞬間でした

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です