ナメック星の最長老様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

リーディングを勉強するにあたりまして、皆様「辞書」を活用されていると思います。

中には Web を使っている方もいらっしゃるかと思いますが、100%辞書を使用するようして下さい。

 

 

ネット環境なくとも使用出来ますし、

 

調べたいときに調べることが可能です。

 

一方で、辞書は辞書でも、

 

いわゆる「分厚い英和・和英辞書」を使っている方も今直ぐ止めて下さい。

 

携帯性がありませんし、

 

調べる時間も掛かり過ぎです。

 

あなたの貴重な時間を 「辞書のページをめくること」で使ってしまうことは、

 

お金を捨てているのと同じことです。

 

ということで、

「電子辞書」

を使って下さい。

 

私が今更ここで述べる必要もないと思いますが、

 

TOEIC スコアアップには、「優良電子辞書」が必要不可欠です。

 

「いやいや、そんなのとっくに持ってるよ」

 

「何なら、高校生の頃から使ってるからね」

 

甘いです。

 

「優良」なヤツですよ?

 

電子辞書にもレベルはあります。

 

つまりは、収録されている語彙数です。

 

中学生レベルでは、30,000 ~ 40,000語を収録。

 

高校生レベルでは、50,000 ~ 60,000語を収録。

 

そして・・・

 

TOEIC 900点を目指すなら、80,000 ~ 90,000語を

 

 

収録している電子辞書を使わなければなりません。

 

 

その理由ですか?

 

それだけレベルの高い単熟語に対応しているからです。

 

それと例文の量。

 

高校生レベルの電子辞書では、

 

この2点を補うことは出来ません。

 

「意味を理解出来ない際の拠りどころ (辞書の意)が、

 

正しい情報を記載していない」となると勉強以前の話ですからね。

 

ちなみに、私は 「Seiko SII」を使用しております。

 

 

 

英検1級に合格した際も、これにだいぶ助けられました。

 

その前には、「SHARP Papyrus」を使っていました。大学時代にですね。

 

もはや、このシリーズは主流ではありませんが・・・。

 

 

 

そして、その前は、「CASIO ex word」です。高校生の時。

 

 

なんだか、3大ブランドのレベルをゆっくりと駆け上がっている感じですね。

 

ということで、Reading Section を勉強する際には、

 

電子辞書は必ず隣に置いておきましょう。

 

分からない単熟語があれば調べる、

 

そして例文に目を通して、内容を理解する。

 

これらの地道な学習が、結果的に Reading のスコアアップに繋がるのです。

 

まだ、電子辞書を持っていない、若しくは 高校生レベルの電子辞書しか持っていない、

 

という方々は、改めて電子辞書の購入を検討してみては如何でしょうか?

 

あなたの隠れた才能を引き出してくれる、最長老みたいな存在かもしれませんよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>