TOEIC(R) 禁断の裏ワザ 【Part 3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

TOEIC 禁断の裏技 Part 3

 TOEICの裏ワザをご紹介致します。文章量が多くなってしまう為、各パート毎にご紹介します。

裏ワザは随時アップしていきたいと思っております。

TOEIC(R) 禁断の裏ワザ 【Part 1】

TOEIC(R) 禁断の裏ワザ 【Part 2】

TOEIC(R) 禁断の裏ワザ 【Part 3】

TOEIC(R) 禁断の裏ワザ 【Part 4】

TOEIC(R) 禁断の裏ワザ 【Part 5】

TOEIC(R) 禁断の裏ワザ 【Part 6】

TOEIC(R) 禁断の裏ワザ 【Part 7】

<大前提>

私はこれまで『総合的な英語力の向上を目指しながら勉強し、

その結果としてTOEICのスコアをアップさせる』と言う

勉強法・学習法を首尾一貫してご紹介して参りました。

この考え方に賛同して頂ける方もいれば、一方で

賛同して頂けない方も大勢いらっしゃいます。

 

そういった方々と「私は根本的に英語学習におけるベクトルが違う」

と認識しておりましたが、よくよくお話しを聞いてみると、

「時間を掛けて総合的な英語力アップを図りたい気持ちはあるが、

金銭面・時間面から そういった行動を起こせない」と言う方々が殆どでした。

 

 こういった人達は決して「英語を勉強したい気持ち」が無い訳ではなく、

様々な事情から、「(私がよく使う) TOEICにおける小手先のテクニック」

どうしても必要とせざるを得ないのです。

TOEICはもはや国民的な英語試験となり、その受験者は年々増え続けております。

それらの受験者1人1人のニーズに応える為にも、

前述のテクニックを纏めて、なるべく分かり易く、

このブログでも紹介することと致しました。

 (大前提終わり) 

尚、これらの裏技は あくまでも私個人の経験によるものです。

100%の再現性がある訳ではありませんし、永久不変的に通じるとも思いません。

以上を踏まえまして『TOEIC パート 3』の裏ワザを見ていきましょう。

【TOEIC パート 3 裏技 1】

スポンサーリンク
Sponsored Link

設問よりも選択肢を先読みする 

 【ちょこっと解説】

「先読み」の重要性は頻繁に耳にすると思いますが、

具体的に何を先読みするかが大変重要となります。

先読みする対象は、勿論「設問」か「選択肢」のどちらかですが、

どちらかと言えば「選択肢」を先読みすべきです。

当然 ベストは両方を読み、内容を頭に入れた上で

アナウンスを聞くことでしょうが、そうもいかない場合は、

「選択肢」の方を目に通しておきましょう。

一概には言えませんが、選択肢を読むことで、同時に

「設問」の内容を理解することがし易い為です。

TOEIC パート 3 裏技 2

答えが分からない設問を6秒以上引きずらない

 【ちょこっと解説】

 「先読み」をした上でばっちりアナウンスを聞いたとしても、

 何にも分からないことだってよくあることです。

この「何にも分からない設問」の捨て切れるか否かが

「次の設問の正答率」を大きく左右します。

これが裏技になり得る最大の理由は、「分かっていても捨て切れない」

ところにあります。

考える時間を6秒に留め、分からなかったら取り敢えずマークしましょう。

 

 【TOEIC パート 3 裏ワザ 3】

男女の思い込みを捨てる

 【ちょこっと解説】

パート3 では 男性と女性が会話をしています。

先読みをした段階で、「旅行会社の発券カウンターでの会話」

であることが予想出来たとして、「窓口の人 = 女性」と言う

勝手な思い込みは捨てなければなりません。

過去の問題では、「機械を購入した会社の担当と、倉庫の人」

と言う話の中で、前者が男性で後者が女性であったこともあります。

TOEIC パート 3 裏技 4

 場所・職業などのヒントは前半に

【ちょこっと解説】

当然ですが、アナウンスの中にはストーリーがあります。

最初に前提を話して、それに対しての問題・現状が綴られ、

最終的に対策や解決策が見出される訳です。

ストーリー性がある限り、会話が行われている場所、

スピーカーの職業等は、会話の前半に話さないと纏まりません。

それを見据えれば一文目がヒント (= 答え) になるということを

最初から頭に入れておくべきです。

【TOEIC パート 3 裏ワザ 5】

 頻出の場面を知る

 【ちょこっと解説】

TOEICでは頻出の場面があります。

以下のそれらの代表例を書いておきます。

・プリンターが壊れて部品を発注している (業者 vs 発注者)

・誰を採用するか議論している (人事部 vs 人事部)

・オフィス機器の発注状況を話している (総務部 vs 発注元)

・退職者のパーティーについて話している (幹事 vs 幹事)

 

 【TOEIC Part 3 裏ワザ 6

⇒ 後日アップします。

TOEIC Part 3 裏ワザ 7

⇒ 後日アップします。 

TOEIC Part 3 裏ワザ 8

⇒ 後日アップします

TOEIC Part 3 裏ワザ 9

  ⇒ 後日アップします

 

TOEIC Part 3 裏ワザ 10

  ⇒ 後日アップします

<関連記事>

 更なる「TOEICの裏技・攻略テクニック・解答のコツ」を知りたいと言う人は、

300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>』を

使用すると、より豊富な情報を得られることが出来ます。

私、外資系営業マン Koも使用していますので、ご参考までに。

<参考記事>

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>を買ってみた」

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>を開封してみた」

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>を使ってみた(感想・レビュー)」

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>の特徴」

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>を使うべき人」

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>を使うべきではない人」

⇒ 「300点アップのTOEIC(R)テスト攻略法<チェルシー式英語資格試験突破講座>に購入特典をつけてみた」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>