【NHK ラジオ英会話】実践 ビジネス英語 の感想・レビュー ③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

【NHK ラジオ英会話】実践 ビジネス英語 の感想・レビュー ③

TOEIC 対策教材として、NHKラジオの実践ビジネス英語を使ってみました。その内容がTOEICに対して効果的であるか否かを検証してみました。全4回のうち3つ目の記事です。

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」 の感想・レビュー ①

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」 の感想・レビュー ②

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」 の感想・レビュー ③ (この記事)

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」 の感想・レビュー ④

スポンサーリンク
Sponsor Link

自分の勉強ペースでは進行出来ません

当然ではありますが、NHK「ラジオ」英語のプログラムですから、自分の勉強ペースで進めることは出来ません。

で、これはTOEICスコアアップを目的とした場合、一概に良いとも悪いとも言えないと思います。

先ず 良いと思う点は、TOEICではリスニングが一度しか流れないので、同様の緊張感を持てるということ。

市販のTOEIC教材の場合ですと、「もう一度聞いてみよう」と思えば聞けちゃいますので、同じような緊張感を持つことは事実上不可能です。

また、一度のプログラムが15分しかないという点では、リーディングでも同じだと思います。

限られた時間の中でvignetteを理解する行為・作業は, TOEIC Part 7 に共通しているのではないかなと。

一方で、悪いと思う点は、精聴・精読が出来ないことですね。

但し、これは前回の記事でご紹介した通り 上級者向けの教材ですに仕上がっていますので、そもそも精聴・精読をすることを前提としておりませんのでね。

・・・ちなみに、ちょっと話が逸れてしまうかもしれませんが、「実践ビジネス英語は英語の上級者向け」とご紹介したものの、私は初心者の人が使ってみても良いと思っています。

簡単に理由を言えば、「自分の勉強ペースを一回崩壊させる為」です。

・・・詳細は次のコラムでご紹介します。

尚、自分の勉強ペースで進行出来ないならまだしも、今回はPCからRadiko経由で本教材を使っていたが故に、聞いている最中に音声が5回途切れるという事態に陥りました。

理由は、スタバのWi-Fiを使用していたからでしょうね。

当然ですが、ラジオが聞こえないと勉強にはなりません。

テキストを読むことは出来ますが、ラジオ英語の本質を享受することは出来ませんのでね。

Wi-Fiで本教材を使用することを検討している人は要注意です。

「精聴」と言うよりは「多聴」

前述の通り、NHKラジオ英語 実践ビジネス英語は、精聴に重きを置いた教材というよりは、多聴にフォーカスした教材です。

但し、ラジオを使用せずCDを購入すれば何度も聞くことが出来ます。

が、そこは製作サイドからしたら考えていなかったことだと思います。

恐らくですが、一部のユーザーから希望があり、CDを同時発売としたのではないでしょうか。完全に私の推測ですが。

従いまして、精聴が必要とされている英語学習初心者にとっては、このNHKラジオ英語 実践ビジネス英語は教材として不向きであると言わざるを得ませんが、私は敢えてこの教材をおすすめしたのです。

理由は先ほど申し上げた、「自分の勉強ペースを一回崩壊させる為」ですね。

どういうことかと言いますと、英語を学習するに当たって、若しくはもっともっとリスニングスキルがレベルアップするに当たって、「一つでも分からない英単語に遭遇したら電子辞書で調べる」なんていう行為は徐々に卒業しなくてはならないんですよ。

英語学習の初心者であれば、電子辞書を活用して意味を理解しながら、何度もリスニング素材を聞くことはいいと思うのですが、そういった人だとしても、「自分のペースでない勉強スピード」を一度体験しておくことで、瞬時に英文を理解するスキル (正確には理解しようとするスキル) を磨けると思うのです。

恐らく、英文法・英単語を 一つ一つチェックしながら勉強している人が、NHKラジオ英語 実践ビジネス英語を使って勉強したら、頭の中が混乱すると思いますよ。

でもね、そういった状態に陥って、あなたの脳みそがどういう状態になって、どう頭の中を整理しようとするか、ってことを浮き彫りにすることが出来るのです。

これって結構貴重なことだと思います。英語を勉強するに当たってね。

従いまして、「多聴系の教材ならちょっと違うな〜」と決めつけるのではなく、もうちょっと中長期的な視点で使ってみるのも一つだと思います。

どうでもいいけど気になった点

Vignette (= 英文本文・スクリプト)を読んでいると、登場人物の名前が当然書いてあり、誰が何を話しているのかは分かるようになっています。

が、このNHKラジオ 実践ビジネス英語に登場するキャラクターの数は合計で8名です。

・・・そこそこ多いと思います (笑) で、Vignetteでは登場人物の顔写真がありません。

故に、誰が何を話しているかを本当に掴みづらい!

一応、結構細かいキャラクター設定がされているんですよ。年齢とか経歴とか現在のポジションとか。

でも、どの顔の人の発言何だか良く分からないので、かなり戸惑ってしまいました。

・・・まぁ、私のように2014年5月の1ヶ月だけ勉強しているヤツにとってはそうかもしれませんが、4月から継続して半年間勉強している人にとっては、そのうち頭の中にインプットされるのかもしれませんけどね。

さて、次は最後のまとめです。この実践ビジネス英語がTOEIC に行かせるポイントを一つ一つご紹介したいと思います。

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」 の感想・レビュー ①

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」 の感想・レビュー ②

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」 の感想・レビュー ③ (この記事)

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」 の感想・レビュー ④

 

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」の定期購読はこちらから

「NHK ラジオ 実践 ビジネス英語」の単月購読はこちらから ↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>