TOEIC (R) リスニング対策 イギリス英語の発音・なまりを聞き取れない人向け攻略・コツ (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 138

TOEIC (R) リスニング対策 イギリス英語の発音・なまりを聞き取れない人向け攻略・コツ (2)

TOEIC リスニングで登場するイギリス英語の独特な発音・アクセント・なまりに関して調査してみました。

前回の記事と併せて 二つの記事にまとめたいと思います。

TOEIC (R) リスニング対策 イギリス英語の発音・なまりを聞き取れない人向け攻略・コツ (1)

TOEIC (R) リスニング対策 イギリス英語の発音・なまりを聞き取れない人向け攻略・コツ (2) (この記事)

スポンサーリンク
Sponsored Link

TOEIC リスニングに活用出来そうなコツ

新たに調べたものです。メモ書き程度の内容ですので、とても「まとめた」なんて言えないレベルではありますが、私のようにイギリス英語・アクセント・発音・なまりを聞き取れないという人とシェアしたいと思います。

前回からの続きです。

15. 機能語の for は、文脈によっては [f] としか聞こえないことがある。例えば、”〜 for many years.” など。

16. 機能語の there are は、カタカナで書くと「ヅラ」。スクリプト上では殆ど存在感が無い。

17. #16 を訳した there’s は、ほぼ “this” と聞こえる。

18. イギリス英語は子音が強く響くイメージ。そして、音程の変化が激しい。

19. 容認英語のポイントは「穏やかで平坦に話す」こと。では、穏やかに話すとはどういうことを指すかというと、口を大きく動かさず話すということに落ち着く。故にイギリス英語は口ごもったように聞こえる。

20. イギリス英語の代名詞の一つが often の t の発音。現代のイギリスでは t を発音する often が多いらしい。

21. イギリス英語では against が「アゲンスト」となる。但し、これは最近のアメリカ英語でもこう言う模様。(日本人の一般的な発音イメージ「アゲインスト」に対して。)

22. イギリス英語で about は「アベァウト」

23. 機能語は弱く読まれるイギリス英語だが、each other も代名詞であるとされ、機能語になる。つまり弱く発音される。

24. イギリス英語で impossible の “o” は「ア」だと思って間違いない。

25. イギリス英語では r が発音されないのですっきりした音に聞こえる。score は「スコー」といった感じ。

26. イギリス英語で Monday は単独の使われる場合、「マンデイ」と発音するが、Monday morning となると、「マンディー」となる。

27. イギリス英語の基本は後ろにアクセントを置く。「形容詞 + 名詞」はその典型。

28. イギリス英語で A and B の発音における and は前の名詞と結びつき弱く発音される。try and error であれば、「トランーエラ」のように。

29. イギリス英語における三重母音、例えば tower は「ターア」や「ターワ」と聞こえる。

30. repeat, resend などに代表される re- の発音は、イギリス英語では「リ」ではなく「ル」の方がしっくりくる。

31. イギリス英語では、du の発音を「デュー」ではなく、「ヂュー」になることがある。例えば、introduce, reduce など。

取り敢えず以上です。

あまり専門的に書いてしまっても意味が無いと思いますので、イギリス英語の独特な発音・なまり・アクセントに関しては今回で完結とします。

次はオーストラリア英語ですね。

TOEIC (R) リスニング対策 イギリス英語の発音・なまりを聞き取れない人向け攻略・コツ (1)

TOEIC (R) リスニング対策 イギリス英語の発音・なまりを聞き取れない人向け攻略・コツ (2) (この記事)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>