近況報告 (2014/07)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

近況報告

2014年07月の近況報告です。

<過去記事>

2014年02月の近況報告 → http://toeic-eigo-blog.com/archives/5102

2014年01月の近況報告 → http://toeic-eigo-blog.com/archives/4367

2013年10月の近況報告 → http://toeic-eigo-blog.com/archives/3252

スポンサーリンク
Sponsor Link

外資系営業マン Ko, 転職します

突然ではありますが、私、転職をする運びとなりました。

人生で2回目の転職です。

今回もTOEIC 900点オーバーをフル活用しまして、私の希望する転職となりました。

2014年08月中旬まで現職にて働きまして、間髪置かずに翌営業日から 次の職場で働くことになります。

2度も転職をしているヤツですので、発言に信憑性があるか自信がありませんが、恐らく最後の転職となるでしょう。

次にあるとすれば独立ですかね (個人事業主として)。会社勤めから卒業するしかないと思います。

尚、前回の転職活動の際には、転職エージェントとして「リクルートエージェント」「DODA (インテリジェンス)」「JAC Recruitment」の3社を主に活用しました (エージェント以外を含めると15社ほど登録) 。

そして、最終的には「DODA (インテリジェンス)」で現職の外資系へ転職することが出来たのですが、今回は 「JAC Recruitment」を使って希望通りの転職をすることが出来ました。

と言いますか、そもそも今回は「JAC Recruitment」しか登録しなかったのですけども。

あ、厳密に申し上げますと、Robert Walters Japan (ロバートウォルターズ) からも、お話を頂いて登録はしたんですけどね。

ちなみに、今だから言えますけど、2013年05月頃のこちらの記事にある会社ですが、

→ 業務中にヘッドハンターから電話がきた!

この会社、実は Robert Walters Japan (ロバートウォルターズ) だったんです。

(この記事も → ヘッドハンターの話を聞いてきた)

こういった転職エージェントの活用法に関しては改めて記事にまとめたいと思います。

リクルートエージェントやDODAを選ばずに、JAC Recruitment を選んだ理由とかですね。

英語を仕事で使わなくなる可能性も

ちなみに営業職として転職するのですが、現職のように「海外営業」ではありません。

と言いますか、最初の3年間くらいは「国内営業」専任となる見込みです。

となりますと仕事で英語を使わなくなる可能性もあるということですね。

ただ、3年間の国内営業の後には、全世界中に転勤する可能性があります。

実際の面接の最中にも、「将来は海外駐在を考えている」旨は、はっきりと主張しておりましたので、そこは会社側も把握してくれていると思います。

駐在先候補としましては、アジアに限らず、北米・南米・欧州や中東、更には南アフリカもあります。

今のところ、南アフリカには少し抵抗がありますが、基本、全世界OKというスタンスです。

一方で、仕事で英語を使わなくなりますと、「TOEIC・英語学習に対するモチベーションが下がるんじゃないの?」と思われるかも知れませんねー。

正直、どうなるかは私も分かりません。

ですが、恐らく問題ないでしょう。

何を隠そう、ここ数年の私の英語学習に対するモチベーションは、学生時代に比べて格段に低かったのですから。

やや話は逸れますが、商社時代に外国人が来日した際の接待役は全て若手でした。

外国のビジネスマンと話す機会も得られますし、高級で美味しい料理も食べることができる。

にもかかわらず、上司たちはこぞって接待を避けていたんです。

なぜだと思います?

英語を使ってコミュニケーションを取ることが もはや面倒臭いからです。

彼らも社会人になる前は「英語を使って仕事をしたい! 海外とやり取りをしたい!」と夢や希望を持っていたにもかかわらず、です。

これって簡単に言いますと、「慣れ」です。慣れ。

人は慣れるんですよね。良い意味でも悪い意味でも。

商社時代の上司たちにとっては、「外国人との接待」ってのは もはや飽き飽きとしたもので、出来ればパスしたいようなイベントなのです。

恐らく入社1年目の社員ではこういった感覚は持ちようが無いでしょう。

・・・で、話を戻しますと、私も少なからず これに似たような感覚があるのです。

英語を使って海外サプライヤーと仕事をしたり、社内で趣味に関して英会話をしたとしても、決してそこに新鮮味はありません。

そんな時に国内営業への転身です。

英語を使えなくなる立場に身を置くことで、英語学習に対するモチベーションが下がるどころか、寧ろ私は上がるのではないかと期待しています。

そして、3年後には TOEIC で培った英語を駆使して、念願の海外駐在を実現したいと考えているのです!

ブログ読者様との会合

それと、2014年05月〜07月にブログ読者様、更にはツイッターのフォロワー様の何人かと、リアルでお話しする機会がありました。

詳細は割愛しますが、同じ趣味・思考を持っている人たちですと自然と会話が弾みますね。

基本、多少でもやり取りをさせて頂いた方であれば、お会いしてお話しするのはウェルカムであります。

但し、場所は都内、それも23区以内に限定で。話はTOEIC,スタバ、英語、転職、仕事・・・何でもOKであります。

また、最近 開催できていませんが、異業種交流会への御参加もお待ちしております!

TOEICは受験し続けます

さて、二回目の転職により、私の生活も大幅に変わりそうなのですが、それでも TOEIC 受験は続けていく所存であります。

転職して直ぐに海外駐在となっても、その国で TOEIC を受験することが出来れば、そこでも続けていこうと思っていたくらいです (インドネシアとか)。

ミニマム3年間は東京を基点に仕事をすると思いますので、TOEIC の受験は全く問題ないでしょうね。

あ、ちなみに 完全週休二日制です。

ということで、2014年07月の近況報告でした!

次の報告はいつになるか分かりませんが、何か大きな出来事がありましたらアップ致します!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

『近況報告 (2014/07)』へのコメント

  1. 名前:Ko 投稿日:2014/08/01(金) 21:50:01 ID:0be9c8f6d 返信

    Yebith 様

    こんにちは。

    記事コメントを頂けるとは珍しいですね。

    「仕事で英語を使う」ってのは、大変幸せなことだと思いますが、

    毎日使っていると、それが普通になってしまい、幸せを感じ難くなってしまいますよね。

    私も何とか工夫を施しながら、日々 仕事に精進したいと思います。

  2. 名前:YEBITH 投稿日:2014/08/01(金) 15:41:58 ID:d765d16a8 返信

    Koさん、こんにちは。Yebith です。

    精力的に動いてますね。

    Koさんのことですから、転職しても威風堂々とされるのでしょう。
    私も仕事で英語を使う毎日です。
    TOEICとは異なる世界ですが、Koさんのブログをモチベーションにしながら頑張ってます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>