単語暗記方法 ⇒ カード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

英単語を暗記する方法は多種多様ですが、私は「単語カード」を使用して、暗記していたことがあります^\ (・д  ・ )」TOEIC用ではなく、英検1級の対策用としてですけどね。

その具体的な方法は以下の通りです。



1. 特別なカード (100枚で1セット)を購入。










2. カードの表面に、単語と発音記号を書く。










3. カードの裏面に、日本語の意味 (複数あれば、その全て)を書く。










4. まずは、英語 ⇒ 日本語を1セット分トライする。










5. その後、日本語 ⇒ 英語を1セット分トライする。










6. 全く分からなかった単語カードに、目印を書く。










7. 何とか分かったが、時間がかかってしまった単カードに、目印を書く。










8. 1 ~ 7までの作業を、毎日行う。










こういったプロセスを繰り返し行っていました。







単語カードは、18セットありましたので、合計1,800語を暗記しましたね。







それでも、英検1級本番では 一度も見たことがない単語に出会うくらいでしたけど。







上記のプロセスにおいて、何気なく書いてしまいましたが、







#2と#3が、実は一番時間掛かるんですΣ(>ω<ノ)ノヒイィィィ!!







早くて2週間、平日の昼休みに地道に書いていたら、平気で1カ月掛かります。







ですので、暗記する段階に辿り着くまで相当時間って掛かるんです。







でも、最初から出来上がっている単語カードって世の中に存在しないので、







苦労して「自分用の単語カード」を作ることが、実は最適な単語暗記の道なんですよ。







単語を暗記していた当初は、







「こんなことしていて、いいのかなぁ・・・?(ノД`)ハァ」







って悩んだ時期もありましたが、







間違いなく今の自分のベースを築くことができたのは、







この単語カードのおかげだと思っています。







是非、単語カードを使ってみて下さい。







飛躍的にあなたの単語量は増えますよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>