リスニング学習法として、洋画DVDを観る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

リスニング力を向上させる学習法として、海外映画・海外ドラマなどの洋画を観る方法は良く聞くと思います。

私自身も、高校生の頃からハリウッド映画にかなり没頭しまして、年間96本 (1週間に2本 計算)は観ていました。



と言いましても、殆どレンタルですけどね。





当時は、DVDではなく、ビデオテープでしたので、





音声は英語、字幕で日本語を読み 内容を理解すると言った、





ごく普通の「映画鑑賞」でしたけどね。





その中でも、私の人生に大きな影響を与えた海外ドラマがあります。





有名なのでご存じだと思いますが、





「アリー my LOVE (本題 : Ally McBeal)」です。





DVDボックスは全巻購入しましたし、





ビデオをレンタルで行っていたキャンペーンにも応募し、





アリーの目覚まし時計を抽選の結果、当たりまして、





今でも大切に持っています。





他にも、メモパッドやマウスボードも当たりました。





ドラマの内容は、ボストンの法律事務所を舞台に、





アリーを中心とした様々な面白キャスト達が繰り出す、





ドタバタ弁護士ドラマでして、内容は当然面白いんですが、





そこで使用される英語が非常に聴き取り易く、物凄く良い勉強になりました。





「It’s who I am!!」なんてフレーズは今でも憶えていますしね。





洋画をリスニングの教材にする際に、この「アリー my LOVE」は、





その目的にそぐわない、という方もいらっしゃるようですが、





私は全くそう思いません。





確かに、このドラマは法律事務所を舞台にした弁護士ドラマではありますが、





それ以上に、人間味溢れるキャストのやり取りが頻繁に交わされるからです。





先述の通り、初心者には聴き取り易いですし、





発音がしっかりとしたアメリカ英語でしたので、





大変勉強になりましたよ。





一番の醍醐味は、私自身、「勉強」という感覚で観ていないにも関わらず、





結果的には、自分のリスニング力が向上した、ということですね。





別にアリー以外の海外ドラマでも構いませんので、





「洋画にハマる」ことは、TOEIC対策に十分なり得るのでは、と思います。






↑ シリーズ 5までありますので、全てのリンクを貼ることはしませんが、
こちらは、シーズン 1のDVDボックスです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>