TOEIC 勉強用にKindle Paperwhiteを購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

TOEIC 勉強用にKindle Paperwhiteを購入
絶対買うことはないと思っていたKindleを購入してしまいました。

具体的には、Kindle Paperwhite (キンドル ペーパー ホワイト)です。

もはや真新しくも何ともないタイミングでのKindle購入となりましたが、その購入の裏事情を綴っていきたいと思います。


スポンサーリンク
Sponsored Link

Kindle Paperwhiteを購入した理由



ロクに比較検討もせずにKindle Paper Whiteを購入しました。

コンサルタントでしたらクビですね。

 



簡単なスペックはこんな感じです。

サイズが想像よりもメチャクチャ小さかった。



価 格: JP¥ 14,280

モデル: キャンペーン情報付き (電源OFF時にKindleに関する広告が出ます)

接続方法: Wi-Fiのみ (+3Gのも売ってます)

ディスプレイサイズ: 6インチ







で、私がKindle Paper Whiteを購入した理由は以下のとおりです。





1. TOEIC LR の勉強に使うため

2. 電子書籍として本を読んでみたかったため

3. TOEIC SW の勉強に使うため





#1に関しましては、使ったことがなく未知の世界ですので、そもそもTOEICの勉強に使えるのかどうかすら分かりません。

従いまして、「TOEIC LRの勉強に使うため」というよりは、その検証のためといったところですね。



#2に関しましては、純粋に本を読んでみたかったもので。

既に iPhone 6 Plusの比較的大きなスマホにて、Kindleアプリを使用しており、その結果 そこそこ快適な読書環境を得られるという結論に至りました。  







#3に関しましては、正直実現できないと思っています。

そもそも、TOEIC LRの参考書がKindleで売られているのは知っていますが、TOEIC SWの参考書はKindleで販売されているのでしょうか。

これについては、この後検証したいと思います。




Kindle Paperwhiteを一週間使ってみた感想

さて、Kindle Paperwhiteを買った理由は先述のとおりですが、今の所 #2の「電子書籍として本を読んでみたかったため」としてしか活用していません。

TOEICの勉強は始めていないのですが、とりあえずKindle Paper Whiteを使ってみた感想をご紹介したいと思います。

既に過去のKindleを使っていた人は、「旧モデルと比べて〜」とかって言えるかも知れませんが、私は純粋にこれが初めてのKindle、ひいては初めての電子書籍リーダーですので、そんな立場からお話ししたいと思います。



以下のとおりです。



1. 予想以上に軽い。

2. 14,280円は高く感じる。

3. ブラウザがすごい見づらい

(ブラウザとして使うべきではないけど)。

4. 読んでいて目が痛いとかってのはない。

5. でも、電車・新幹線で読んでるとすぐ眠くなった。

6. どこでも持って行きたくなる。

7. キャンペーンの広告はあんまり気にならない。

8. 気軽に電子書籍を買ってしまう。

9. これまで読まなかった漫画を読むようになった

(無料マンガがあるから)。

10. スマホのKindleアプリと違って読書に集中できる。

11. 充電は結構しなくて大丈夫

(現時点で初期充電でもっている)



・・・こんな感じです。

結構、このKindle Paperwhiteは好評らしいのですが、いかんせん私はこれが最初ので電子書籍リーダーですから。

不満に感じる点、不便さを感じる点もあるのですよ。




TOEIC対策本、教材の量は

気になるのは、Kindleに対応しているTOEIC参考書・教材がどれくらいあるかです。

では早速アマゾンでみていきましょう。「TOEIC」で「Kindle版」がある書籍のトップ10を検索してみました。



<「TOEIC」で検索した結果 トップ10 as of July, 2015>




次に、「TOEIC SW」で検索した結果をご紹介しましょう。こちらです。



<「TOEIC SW」で検索した結果 トップ10 as of July, 2015>


・・・

・・・

・・・



・・・あれ?以上??





ということで、top10と言いましたが、検索結果は5件だけです。

それもTOEIC SW関連という意味では最初の1件だけ!

他の4件は関係ないし!





一応、私もこんな記事をまとめましたしね。

【参考記事】 TOEIC SWの参考書が少ないという事実



と言うことで、まだまだ「TOEIC SW と Kindle」は発展途上のようです。




Kindle  x  TOEIC の相性は

実践前ではありますが、私が考えている電子書籍リーダーと相性の良さそうなTOEICの学習要素はこんな感じ。

あくまでも、何もしていない段階での想像です。


1. 英単語、英熟語の暗記

2. Part 1 〜 Part 2 の演習

3. Part 7 の演習



模擬試験なんかはどう考えても不可能ですよね。

やっぱり上記 #1 〜 #3 がちょうど良いような気がします。





また、これらに加えて『Kindleでしか発売していない教材の活用』も見逃すことができません。

価格も1,000円以下で、お得な教材になり得る可能性が大いにあると思っています。



さてさて、とにもかくにもKindleを購入しましたので、TOEIC、TOEIC SWの学習ハードになり得るか否かを検証していきたいと思います。(別途記事化します)


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link