「TOEIC 新形式問題」に対応している教材・参考書・問題集を抽出してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

「TOEIC 新形式問題」に対応している教材・参考書を抽出してみた
TOEICの新形式問題対応に伴い、とりあえずは公式問題集を買ってみました。

【関連記事】「TOEIC(R)テスト公式問題集 新形式問題対応編」の感想・レビュー

ところで、新形式TOEIC寸前となった今 (2016年5月)、市場にはどのような教材・参考書・問題集が発売されているのでしょうか。

海外に住んでいる私ですが、これらの教材・参考書・問題集を購入することはできますので、今後の教材探しを見越して取り敢えずAmazonでヒットする教材を羅列してみましょう。


スポンサーリンク
Sponsored Link

TOEIC 新形式問題対応教材ランキング

それでは早速ランキングを。















































・・・ははぁ。TOEIC SWとは異なり、既にかなりの数の教材が発売されているんですね。

【関連記事】 TOEIC SWの参考書が少ないという事実



見て分かりますように、基本は「模擬試験」、それも「予想問題」となっていますね。

まずはTOEICの新形式に慣れることが最重要事項である証です。

下手にテクニックとか言っているフェーズではないですからね。



但し、気になるのは「予想」という文言ではないでしょうか。

そう、まだ新TOEICは始まっていないのです。

基本的には誰も受験したことないのですから、各社が出版した問題集の精度が曖昧ということになります。



中にはソフトオープニングのように受験した業界の人もいるかもしれませんが、言っても何十回も受験したわけではないでしょうから、問題の精度、傾向までは掴むに至ってないのではないかと。

従いまして、まずはTOEIC公式問題集を解くのが鉄則ですね。

【関連記事】「TOEIC(R)テスト公式問題集 新形式問題対応編」の感想・レビュー



さてさて、公式問題集を3周くらいしたら、私はどの教材を選びましょうか。

やっぱり自分の弱点を補ってくれる問題集が良いですよね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link