英会話? いやいや英語の勉強なら週刊誌でしょ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

またまた、TOEICの勉強法に関するご質問を頂戴致しました。

「今TOEICやってますけど、普通に英語力を伸ばしたいんですけど。」

と言った、やや曖昧な感じの内容でしたが・・・。

でも、おっしゃりたいことは良く分かります。

TOEICのスコアもアップさせたいですけど、

最終的には、普通に英語を使えるようなりたいですもんね (゚Д゚ )ノ

この目的を達成する為には、

「学習・勉強」といった枠に当てはめない方が良いかと思います。
つまり、座学ではなく、
「日常に英語環境を取り入れる」ってことですね。
映画を好きな人は、洋画を観るですとか、
音楽を好きな人は、洋楽を聴くとかがそれですね。
その中で、私が特にオススメしている対策は、
「雑誌・新聞」を英語で読むということです。
単純に、世の中で今起きているニュースが記事となっているので、
その分野の知識を得ることも出来ますし、
ビジネス英語も多分に使用されている為、
TOEIC対策にもなること間違いないです。
ただ、英字新聞って、
購読し始めた最初の1週間くらいはきちんと読むんですが、
次第に、読まなくなっちゃうんですよね (*´Д`)=3ハァ・・・
何を隠そう私がそうでした。
社会人一年目の22歳の頃、
気合いを入れてJAPAN TIMES を購読しました ☆*ヾ(-∀・*)*+☆
・・・が、1カ月で挫折 Σ(°д°lll)ガーン
理由は、単純に、社会人一年目には、他にやることがいっぱいあったっていうのと、
「英字新聞を読む」ことの楽しさがイマイチ分からなくなっちゃったんですよね・・・。
正直、「日刊」ってのもプレッシャーでした。
その日の夕方に何とか時間を取って読んだとしても、
翌日には、また新しい JAPAN TIMES が!!! ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
もう、全然当初の目的を達成できていないですよね。
ということで、心からお薦めするのが、「週刊」です。
ご質問にもありました、「普通に英語力を高めたい」にも合っていますし、
週刊ですので、変なプレッシャー感じず、自分のペースで読むことが出来ます。
1週間の中で、どう時間を取って、どこまで読むか、などを自分で決められますんでね。
具体的には、「コレ」と「コレ」です。
⇒ TIME
⇒ The Nikkei Weekly
TIMEは、やや上級者用かもしれませんが、
一つの記事をじっくり読むことで、「精読」を気軽に行うことが出来ます。
これは、TOEIC Part 7 の勉強法・学習法としても推奨できますし、
そこで使用されている英単熟語は、TOEIC Part 5にも出題されるものばかりです。
あと、カフェとかで何気にTIMEを広げると、ちょっとカッコいいです・・・(´∀`*)ウフフ
↑ 私だけっ?
記事の質も良いですし、一定期間、読み続けますと、相当 英語力を伸ばせると思います!
一方、The Nikkei Weeklyですが、こちらは初心者から中級者の方にお勧めです。

1週間分のニュースを纏められていますので、

どの記事もTVなどで見たことがある記事ばかりです。

ですので、「あ~、この記事はあの事件だ。英語ではどう書いてあるのかな・・・」

と言ったように、「内容は頭に入った上で、純粋に英語表現を学習することが出来る」訳なんです。

比較的、使用されている英単熟語も容易なものが多いですし、

その割には、日経新聞が発行しているだけあって、

記事はしっかりしています。

The Nikkei Weeklyも、その名の通り、週刊ですので、
自分のペースで無理なく、一週間で読み切ることが出来ると思います。


TIMEThe Nikkei Weekly、是非是非、あなたの日常に取り入れてみて下さい。
持っているだけで、何気にデキる人に見られますしね (∀`*ゞ)エヘヘ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>