タイへの海外出張【10ヶ月振りの海外出張】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

タイへの海外出張【10ヶ月振りの海外出張】

2015年3月にタイへ出張をしました。

転職をしたこともあり、なんと10ヶ月ぶりの海外出張。

どんな感じだったかをとりあえず書き留めておこうと思います。

スポンサーリンク
Sponsor Link

今回の海外出張の主目的

転職して最初の海外出張でしたが、主目的は現地子会社のタイ人セールスマン向けに当社の製品をレクチャーすることでした。

正直申し上げまして、私は転職して7ヶ月しか経過していませんので、人様に物事を教えるなんてとんでもないと感じていたのですが、「さっさと結果を出すように」といった会社からの指示もありまして。

加えて、現地子会社とのセールスミーティングも目的の一つでした。何をどうやっていつまでに売るんだ・・・とかね。

ってなことで、お客さんのところに訪問するというようなことはなし。全てバンコク市内で完結です。

ちなみに、火曜日のAMに出発し、木曜日の夜便で帰国しました。

で、到着は金曜日の朝。

前職では一週間の出張が普通でしたので、これくらいのスケジュールですと本当に楽でしたね〜。

英語スキルの無さに失望

で、そのレクチャーですが、正直ボロボロ・・・。

いやー、ダメでした。

なんと言いますか、やっぱり内容を理解できていないこともあり、ロクに喋れた気がしません。

タイ人の人たちも理解してくれたのかな・・・?

最近では、TOEIC LRからSWにシフトしていたこともあり、英語を話すことに対しては何の抵抗もなく、むしろ実力を発揮してやる!くらいに思い上がっていましたが、実際は何とも変な空気に・・・。

で、「ボロボロ」の具体的な内容ですが、なんでしょうかね・・・うーん、やっぱりボキャブラリーの無さかな。

製品の技術的なことを話しますので、日常生活にはあまり馴染みのないような単語・熟語を使ったりするのですが、その際に何度も何度も同じ単語を使ってしまいました。

いやまぁ、ダメではないとは思うのですが、こう立体感がないと言いますか、聴衆を理解させるに至っていないといった感じ。

TOEICでも、「とりあえず出題必須単語を暗記せよ!」みたいな考え方がありますけど、あながち あれって間違っていないと思いますわ。

やっぱりボキャ強い人は会話も強い。

例えば、「(テストの結果、Aという製品の品質の良さが) 証明される」ということを伝えたい場合に、「証明する」を何と表現しますか?

私は”prove”とか”verify”とかを使ったのですが、あまりタイ人の方々が理解できていなかったようだったので、”recognize”とか”we can learn that 〜” を用いました。

でも、何を言っても「ポカーン・・・」といった様子で(泣)

あー、無力。

ダメだ。

今更ですけど、英単語帳とか買って暗記しようかな・・・。

全くリラックスできなかったタイ古式マッサージ

仕事の合間にはちょこちょこ出掛けたんですよ。

2度目のタイですし、東南アジアはちょこちょこ行っているので、これといって新鮮なことはありませんでしたが、やりたいことを少しだけやってきました。

タイへの海外出張【10ヶ月振りの海外出張】

はい、いつもの山頭火。

しおではなく、私はしょうゆが好きなのです。

ちなみに前回食べたのはインドネシアのジャカルタにて。

もはや日本では食べずに、海外でしか食べなくなってきています。

バンコク 山頭火

ちなみにこの店舗、2周年だそうで。

トッピングもしくはソフトドリンクがフリーでした。

私は選んだのは・・・最初の写真をご覧いただければわかるかと。

バンコク 山頭火

ちなみに、タイ風にアレンジしたらーめんもありました。

一瞬迷いましたけど、やっぱり私は旭川とんこつしょうゆが好き。

バンコクに行かれる方は是非チャレンジを。

タイ オリジナル マクドナルド

はい、マックにも行きました。

ご覧のとおり、Samurai Pork Burger というハンバーガーがありましたので食べましたが、結果はただのてりやきバーガー

ちょっと残念。

タイ オリジナル プリッツ

なんだかよくわからないんですけど、ラーブって何ですかね。

タイ お茶 コーヒー 味

それっぽいコーヒーとお茶を買いましたが、どちらもメチャクチャ甘かったです。

でも意外と会議用には向いてるかも。

あ、それと 写真はありませんけど、タイの古式マッサージを受けてきました。

1時間で300バーツ (1100円くらい?)でしたけど、本当に苦しかったですね。

なんかね、頭の中で勝手に「マッサージ = リラックスできて気持ち良いもの」と変換してしまっていたようなのですが、実際にタイ古式って気持ちよくはないですよね。

痛い。ただ痛いだけ。

4年前にタイに来た時もタイ古式マッサージはやってるんですよ。

ですから、何も知らないってわけではなかったのですが、

「はー、疲れた。こんな時はマッサージだ! 価格も安いしな-!」

って思考回路になってしまっていました。

私の体の硬さもあるのかもしれませんが、マッサージ後はすぐに揉み返しがきまして、帰りの飛行機ではほぼ眠れず・・・。

帰ってきてから3日経ちましたが、未だに身体中がダルくて、筋肉痛です。

はい、ということで簡単にタイ出張について書いてみました。

今回は羽田から出たのですが、片道7時間は楽でしたね。

ホテルにチェックインして部屋に着いたら「あーようやく着いた〜。疲れた〜」って大概なるのですが、今回は全然疲れませんでした。

あ、それと今回の機内エンターテイメントは、「ベイマックス」「相棒11」「めちゃイケ」「アオハライド」「バースデイ」の5本。

見ていて初めて知ったのですが、ベイマックスって原題は”Big Hero 6″だったんですね。

だから、主役はベイマックスではなくて、(ベイマックスを含めた)ヒーロー6人ってことじゃないですか。

うーむ、なぜ邦題はベイマックスにしたのだろう・・・。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>