「TOEIC(R)テストリスニング360問」アプリのレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

「TOEIC(R)テストリスニング360問」アプリのレビュー

アプリレビューの続きです。前回は客観的な特徴をまとめましたが、今回は実際に私が使用してみた感想を書いていきたいと思います。

尚、このアプリを使用した期間に丁度海外出張中でした為、使用したのは主に「機内」「移動中」「ホテルのロビーで」でした。

問題数が多いのが特徴ですが、出張中に一周することが出来ましたので、その感想を書き記したいと思います。

「TOEIC(R)テストリスニング360問」アプリの特徴

「TOEIC(R)テストリスニング360問」アプリのレビュー・感想 (この記事)

スポンサーリンク
Sponsor Link

全体的に良いと思います

このシリーズのTOEICアプリは、以前にも使用したことがあったので有る程度予想はついたことでしたが、総合的には非常に優れたアプリだと思います。

アプリが落ちることは一度たりともありませんでしたし、音声的には私は及第点をつけたいと思います。

改めて感じた良い点は、機能的にも視覚的にも構成が非常にシンプルに作られていることですかね。

TOEICアプリに限った事ではありませんが、最近のアプリって色々な機能を付け過ぎるが故に、視覚的にややこしいのってありません?

ああいうのって慣れるまで時間かかるし、特に私みたいに「ドラクエの洞窟は宝箱を全て取った上で、ボスを倒しに行く派」にとっては、一つ一つの機能が何を意味するのかを確認した上でないと、勉強すら始めることが出来ません (・・・例が分かりにくいですかね?)。

尚、問題の内容として あまりTOEICでは見かけないようなものも有りますが、それはそれで英語の勉強になりますので全然問題なし。

「そもそも英語を聞き取ることができない、リスニングで何を言っているか分からない」と言う人たちには、パート 3, パート 4 の勉強を本格的に始める前にこのアプリでじっくりとトレーニングをすることをお薦めしたいですね。

ちなみに、「TOEICに出る問題だけを勉強したい」という人はそもそも論外ではありますが、それでもこだわり続けるようでしたら本アプリはお薦め出来ません。

Part 1の問題量が倍あればよりよい

こちらをご覧いただきたいのですが、各スコア対策において Part 1 の問題数が30問しか有りません。

4分の3はパート 2 となっています。個人的にはこの割合を50%ずつにして欲しかった

「TOEIC(R)テストリスニング360問」

恐らく本番における問題数の違いから、こういった割合になっていると思うのですが、パート 2 って比較的勉強し易い試験形式だと思うんですよね。

だから教材を見つけるのもそんなに困難ではない。

私の場合だと仕事でも同じようなこと (= 英語での対話)していますし。

一方で、TOEICにおけるPart 1 って結構特殊な試験形式じゃないですか? 写真をみて正しく様子を描写している試験形式って。

これは英検にもないですし、学校の試験にもそんなに出てこないと思うのですよ。

であれば、そのニッチな世界をもうちょっと広げて貰って、問題数を倍くらいにして頂ければ相当ありがたかったです。

私くらいかも知れませんが、パート 1 の勉強・トレーニングって結構面白いと思っているんですよ。

「そんな小さな本のことを描写するの!!??」とか、

「これだけ人が登場しているのに、遠くにある灯台に関する描写が正解かい!!」とか、

いちいちツッコミどころが多かったりするもので(笑)

そんなこともあり、勉強しているうちにあっと言う間に終わってしまいました(笑) もうちょっとやりたかったですね。

音声の聞き取りにくさは本番で活きる

多くのアプリレビューに寄せられている「雑音・ノイズがキツイ」の件ですが、これは確かにそうだと思います。

特に 「C」の音はキツイですね~。

イヤホンの質にもよると思いますが、ベース音がしっかりと聞き取れる高級品であれば、耳がどうにかなってしまうかも知れません。

実際、私も機内で使っていた時に、物凄くいや~な感じがしました。

実際の英語ってここまできつくないでしょうし、そもそも耳元で英語を呟かれることもそんなに無いと思いますので、その点で現実的でないような気もします。

ですが、こういったノイズと言いますか、息を出しながら音にする・話すというのは 本来の英語の特徴であり、日本語における周波数帯と異なる (より広い) 領域にて、使われる言語である為、言うならばあって当然のノイズな訳ですよ。

さすがに頭が痛くなるまで使い続ける必要はないと思いますが、やったらやった分だけTOEIC本番には役に立つと思います。

つまり、それまで聴き取ることの出来なかった周波数帯の音が聞き取れるようになるということです。

それがどこまでスコアアップに直結するかは不明ですが、少なくとも英語のリスニングスキルという点では間違いなくブラッシュアップされていると思った方がいいです。

* 英語独特の周波数帯を学ぶにはこちらのアプリをおすすめします。

⇒ http://toeic-eigo-blog.com/?p=455

解説の量もそこそこありますし、何よりすき間時間で勉強出来る点が 社会人にとっては嬉しいアプリです。

「リスニングのスコアをあと50点伸ばしたい!」と思っている方は是非どうぞ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です