TOEIC (R) IPテスト受験 結果【2015年6月受験】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 151

TOEIC (R) IPテスト受験 結果【2015年6月受験】

2015年7月に、社内でTOEIC IPテストを受験しました。

結果はご覧のとおり・・・。

900点を割ってしまいました。

スポンサーリンク
Sponsor Link

 TOEIC IP テスト結果の分析

900点に達しなかった理由を分析した結果は以下のとおりです。

1.  仕事でメンタルがおかしかったから。

2.  金曜日の9:30からの受験だったから。

3.  TOEIC LR の勉強を何もしなかったから。

#1 に関しては、最近やたら情報発信していますので、まぁ今さらですよね。

#3も、まぁ何もしていませんが、これまで散々 TOEIC LR勉強をしてきましたので、半年くらい勉強しなかったくらいで変わらないと思います。

で、着目したいのは#2です。

ご存知のとおり、TOEIC公開テストは13:00から始まります。

しかしながら、TOEIC IPテストは、午後受験もあるのですが、午前受験もあるのです。

(実際には、その企業によると思いますので、必ず午前受験があるというわけでもないと思われます)

いずれにせよ、今回のTOEIC IPテストでは、午前中の受験も可能でしたので、実験的に午前受験を希望して申し込みました。

結果、無事午前受験に選ばれたのですが、やはり朝イチで受けるTOEICには弊害がありました。

基本的には TOEIC SWのAM受験とPM受験の違いと同じですかね。

【参考記事】 TOEIC SWを午前と午後に受験する時の違い

一言で言いますと、「疲れていて眠い」

これに尽きます。

会社員の方ならご理解いただけると思いますが、金曜日の朝9時なんて、一週間で一番コンディションが悪い状態です。

前日に飲んだなんてことであれば尚更。

いかに日曜日の1時に受験するTOEIC公開テストが、健全なことか!

具体的には、Part 3 あたりから、睡魔が襲ってきました。

Part 5 あたりで、「今日、この後やらなきゃいけない仕事」が頭の中を延々と巡ってきました。

Part 7 あたりでは、もはや正解の根拠を探すことよりも、今週 (今日)をいかに乗り切って、来週月曜日からスッキリと仕事をするかばかり考えていました。

いやはや・・・こうなると、#1との関連性が強いんですけども。

ということで、TOEIC IPテストで900点に達しなかった理由を分析してみましたが、中には、

「いや、関係ないでしょ」

「本人の実力だ」

「レベルが下がったということ」

と、言われるかもしれません。

が・・・まぁそれはそれでその通りだと思います。否定はしません。

なんと言われても構いませんが、とりあえずもう、TOEICは金曜の朝には受験したくないですね・・・。

あ〜疲れた。

Abilities Measured for TOEIC IP リスニング

では、アビリティメジャードをみていきます。

まずはリスニングから。

内容はこんな感じでした。

Abilities Measured for TOEIC IP リスニング

うーん、ボロボロ。

正直、内容は何も覚えていません。

取り敢えず先読みだけはできていた気がしますが・・・。

と言うか、リスニングが425点ってマズイですね。

これまでに、「リスニングスコア < リーディングスコア」ってあったでしょうか。

眠い時に与える悪影響って、リーディングよりリスニングの方が大きいんですね。

初めて知りました。

Abilities Measured for TOEIC IP リーディング

そして、リーディングのアビリティメジャードです。

こちらもどうぞ。

Abilities Measured for TOEIC IP リーディング

うーむ、こちらは何気に良いスコア。

455点ですから、リスニングで490点くらいとっていれば、自己ベストくらい達していたレベルです。

眠くて疲れている時は、Part 7 で満点が取りやすいのかも。

と言うことで、TOEIC IPテストの結果でした。

次に受験できるとしたら、2016年1月頃ですが、その時の精神状態にもよりますが、何とか受験したいと思っています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link