すき間時間を使って900点オーバーした後に気付いた「TOEIC 900点を取るために不要な6つのこと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

すき間時間を使って900点オーバーした後に気付いた「TOEIC 900点を取るために不要な10のこと」

私がTOEICを勉強し始めた頃の最初の目標は900点オーバーでした。

すき間時間をめいっぱい利用して何とか5点でも多くスコアを伸ばすことに時間とお金を掛け、毎日死に物狂いで勉強したのを覚えています。

結果、無事900点を超えることが出来たのですが、今思い返しますと 900点を取る上で必要ではない勉強・要素もあったなぁ~と感じることもあります。

今回は900点取る上で不要なことに6つにまとめてみました。

スポンサーリンク
Sponsor Link

ハイレベルな英単語の暗記

ちょうど英検1級に合格した直後でしたので、「TOEICのハイスコアを取るには、英検1級レベルの単熟語を引き続き覚えていといけないはずだ!」と勝手に決めつけていましたが、全くそんなことはありませんでした。

「ハイレベル」の定義が難しいのですが、いわゆる英検1級に登場するような「ネイティブでも滅多に使用しない英単語」って感じですかね。

こんな言い方をしてしまうと「TOEICで出る単熟語は難しくないとでも?」と言われてしまうかも知れませんが、英検1級レベルと比較するのでなく、Biz 英語として使用する場面を考えたとしてもTOEICで出題される単語は難しくはありません。

簡単とは申しませんが、一定期間集中的に暗記をすれば身につくような単語が中心となっていると思います。

従いまして、900点オーバーをするに当たって、難易度の高い単語の暗記は不要です。

一言一句聞き漏らさないレベルのリスニングスキル

パート 3 & 4 は、TOEIC・リスニングセクションの中でも難易度の高いパートと扱われていますが、決して一言一句を理解しなくては900点が取れないと言う訳ではありません。

そもそもリスニングセクションは、5問程度間違えても 満点 (= 495点) レベルを取ることが出来ますので、リーディングセクションと比較しても間違えていい数が多いんです。

まぁこのことは置いておきましても、「リスニングで正答を導き出す為には、話している内容を全て聴き取らないとダメなんだ!」という考えは間違いでした。

TOEIC・リスニングで活用出来る「テクニック」もありますし、全てが聴き取れなくとも全体の輪郭・どんな会話になっているかということを理解出来れば正答を導き出せるんです。

変に完璧主義者になってしまうことは、TOEIC 900点を取る上では不要であると考えます。

過度な詰め込み勉強

一夜漬けは論外ですが、900点オーバーを狙う上で「1日6時間の勉強」とかって いらないと思います。

・・・いやまぁ、勉強出来ればそれはそれに越したことはないのですが、忙しい社会人が無理くり時間を確保してまで勉強をしなくても・・・というニュアンスです。

言いかえると、10分~30分くらいのすき間時間を利用すれば充分に900点オーバー出来るってことですかね。

これが英検1級とかTOEFL 100点オーバーとかになりますと事情はまた違ってくると思いますが、TOEIC なら大丈夫かと。

なんとも感覚的な言い方で恐縮ではありますが、多くの勉強方法や攻略法が確立されていますので、過度な詰め込み勉強をせずとも900点オーバーは充分に可能であると信じています。

ビジネス英語の勉強

これも私の勘違いですね。

TOEICの参考書とは別に「英文メールの書き方」とか「英文契約書の読み方」とかって言う勉強をしなくてはならないと思っていました。

・・・と言いつつも、これらも勉強出来ればそれはそれで良いのでしょうが、まぁ不要だと思います。

TOEIC 900点を取るとはまた別の次元の話ですし、TOEICの勉強をしている中で有る程度のビジネス英語に触れることが出来ます。

「TOEIC = Biz 英語試験」と捉えている人が多いと思いますが、実際に仕事で英語を使用しているヤツから言わせて頂きますと、そこまでどっぷりビジネス英語の試験という感じもしませんしね。

従いまして、900点を取る上で、改めて「ビジネス英語」の勉強をすることは不要だと思います。

リスニングとリーディングの勉強比率

先程ちょろっと書きましたが、戦略的に900点を狙うのであれば、リスニングスコアとリーディングスコアのバランスを考えるべきです。

理想は リスニング450点・リーディング450点なのでしょうが、圧倒的にリスニングの方が点数を稼ぎ易い為、現実的には 「リスニング480点・リーディング420点」。これくらいがいいのではないでしょうか。

となりますと、リーディングに勉強時間を費やすよりも、リスニングに力を入れるべきなのは明らかです。

総合的な英語力をアップさせる上ではどうかと思いますが、「是が非でも900点を!」と考えている人は、リスニングとリーディングを同じくらい勉強することは不要です。

リスニングに時間をかけてみて下さい。

精読力を磨く

主にリーディングの話ですが、TOEICの世界では「じっくり文章を読めば内容を理解出来る」は通じません。

英文の精読スキルも世間一般的には非常に大事な要素ではあるのですが、それよりも速読力・情報処理スキルをより強く重んじるべきです。

TOEIC対策としてハリーポッターの英語版を読んでも効果は薄いのと同じです。

それよりは短い新聞記事などをぱぱっと読み、内容を理解出来るスキルの方がよっぽどスコアに直結する訳です。

900点を取るのに精読力を磨いたところで その効果は薄いと思います。

取り敢えず思い返してみて不要なことを6つ羅列してみました。TOEICを勉強するに当たり、極力余計な作業・非効率な勉強を避けたいと思っている人も大勢いらっしゃると思いますので、このようなまとめを今後も継続的にご紹介していきたいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
Sponsor Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>